日向坂46、紅白リハ後のフォトセッションに佐々木久美「人生で一番の光量でした」

TV 公開日:2019/12/29 11
この記事を
クリップ

第70回 NHK紅白歌合戦のリハーサル・音合わせが29日、NHKホールで行われた。

今年3月『キュン』でデビューした日向坂46が初出場を果たし、リハーサルに臨んだ。2月には“けやき坂46”(ひらがなけやき)から改名を発表。“欅”から飛び立った新たな種がここまで成長した。




緊張のリハーサルを終えたメンバーが囲み取材に応じ、佐々木久美、齊藤京子、小坂菜緒、加藤史帆、佐々木美玲、松田好花、丹生明里、上村ひなの、金村美玖、高本彩花の10名が登壇した。

佐々木久美は、囲み前のフォトセッションに驚いたようすで、「NHKホールには何度か立たせていただいたことはあるんですが、雰囲気と言うか空気感と言うか全然違いました。人生で一番の光量でした」と言い、場を和ませた。

加藤は「『キュン』だけでなく、大好きな先輩の乃木坂46さんの『シンクロニシティ』を一緒にパフォーマンスさせていただけるので、こちらも全力で頑張ります!」と鼻息が荒い。齊藤も「さすが乃木坂46さん」と、文字通り“キュンキュン”な日向坂46メンバー、「去年はデビューすら決まっていなかったので」と自宅で紅白を観ていたという。佐々木久美は「いつか私たちもこのステージに立てたらなあって思っていました。感慨深いです」と振り返った。

“けやき坂”時代から応援し続けたファンと一緒に勝ち取った晴れ舞台。ハッピーオーラを世界に振りまいてもらいたい。

「第70回NHK紅白歌合戦」は、31日19時15分~23時45分にNHK総合ほかで放送される。総合司会を内村光良とNHKの和久田麻由子アナウンサーが務め、白組司会を嵐の櫻井翔、紅組司会を女優の綾瀬はるかが務める。

この記事の画像一覧 (全 15件)