「Foorin」メインボーカルが伊藤英明主演ドラマにレギュラー出演

TV 公開日:2019/12/28 25
この記事を
クリップ

TBSで2020年1月17日(金)よる10時からスタートする『病室で念仏を唱えないでください』の追加キャストが発表された。

原作は、ビッグコミック増刊号で現在も連載中の「病室で念仏を唱えないでください」(小学館ビッグコミックス・既刊5巻)。僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円(まつもと・しょうえん)の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う一話完結形式の医療ヒューマンドラマだ。主演を務めるのは伊藤英明、そのほか中谷美紀、ムロツヨシ、松本穂香をはじめ、片寄涼太、唐田えりか、土村芳、堀内健、宮崎美子、泉谷しげる、萩原聖人、余貴美子ら豪華俳優陣が共演することでも注目を集めている。

このたび、彼らとともにドラマの世界を彩る新たなキャストが決定。そして初回の放送(1月17日)は15分拡大SPでの放送が決定した。

主人公・松本照之(伊藤英明)の幼少期を演じるのは、吉田日向。米津玄師プロデュースの『パプリカ』を歌うユニット「Foorin」のメインボーカルを務め、年末の『第61回 輝く!日本レコード大賞』(TBS)や『NHK紅白歌合戦』への出演も決まっており、アーティストとして大活躍中だ。そんな吉田が幼少期を演じる本作の主人公・松本は、幼少期に目の前でおぼれている幼馴染を救えなかったという出来事から深いトラウマを抱えている。そんな松本の原体験である幼少期という重要な役どころを、吉田がどのように演じるか注目だ。




そして、第1話のゲストも決定した。
交通事故で病院に搬送され、松本が治療を担当する患者・谷村容子役に、シンガーソングライターで数々のヒット曲を生んでいるhitomiが決定。

同じく交通事故で大けがを負い病院に運ばれる土浦まさし役に、俳優の瑛太、永山絢斗の兄である永山竜弥が決定した。永山は、2003年にスクリーンデビューを果たしモデルとしても活躍、その後しばらく活動を休止していたが、このたび本作で再び役者として活動することを決めた。

さらに、フリージャーナリストとして日本の裏社会や海外の危険地帯の取材を重ねていることから「犯罪ジャーナリスト」として知られる丸山ゴンザレスが、病院の密着取材をしているクルーのディレクター役でドラマ初出演を果たす。また、照円(照之)の師匠の僧侶・円明役には、団時朗がレギュラーで決定。舞台やドラマなど、卓越した演技力で幅広い役どころを演じる団が、どのような僧侶を演じるのか期待が高まる。

そして、救急看護師の飯塚茜役で、モデルの横田真悠もレギュラー出演する。横田は、ファッション雑誌「Seventeen」の専属モデルをこなしながら、最近ではドラマへの出演も続き、若い女性から絶大な支持を得ている。

「生と死」という重いテーマを扱いながら、僧侶であり医師でもあるという珍しい主人公の設定から巻き起こる騒動や、個々の登場人物の性格、やりとりで発生するコミカルな要素も楽しめる金曜ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』に注目だ。


■金曜ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』
2020年1月17日(金)スタート
毎週金曜よる10:00~10:54(※初回15分拡大)

(C)TBS

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)