玉森裕太『グランメゾン東京』撮了、“難役”終え「充実した日々だった」

TV 公開日:2019/12/26 29
この記事を
クリップ

日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系)の撮影が、クランクアップを迎えた。

平古祥平役の玉森裕太と、ライバル店“gaku”の丹後学役を演じた尾上菊之助は他メンバーと別シーンでのクランクアップとなった。2人のコメントが到着した。


<玉森裕太 コメント>
本当にお世話になりました!本当にありがとうございました!平古祥平という役が自分のなかですごく挑戦で…、難しくて、苦しくて、そんな日々が続いていたのですが、とてもやりがいがあって充実した日々だったなと思います。それに、木村さんと今回初めてこうやって長い時間お仕事をさせていただいて、キャプテンの偉大さ、そして座長としての佇まいなども学ぶことができた場でした。忘れないように、今後の仕事にもちゃんと生かしていきたいと思います。


<尾上菊之助 コメント>




素晴らしいスタッフのみなさま、共演者のみなさまとかけがえのない時間を過ごさせていただきました。お芝居のはずなのに、最後にはミシュランの星を獲れるか獲れないか、それで嬉しかったり悔しかったりと、感情が溢れている自分に気付きました。また、皆様にご心配をおかけしたこともありましたが、最後まで丹後学という役を無事に全うできたことを嬉しく思っています。 素晴らしい方たちに囲まれて役を生きることができたなとすごく実感しました。


ドラマは12月29日にいよいよ最終回を迎える。よる9時から、30分拡大で放送される。


■最終回 あらすじ
ミシュランの審査が近づき、グランメゾン東京の新メニュー開発は大詰めを迎えていた。そんな中、フレンチにとって禁断の食材である“マグロ”の料理に挑んでる尾花(木村拓哉)を見て、倫子(鈴木京香)は不安になる。そして、二人は口論した末に、尾花は「スーシェフを辞める」と告げる。突然の発言に倫子たちが動揺する中、倫子も魚料理を作り、美味しい方をメニューに加えようと提案する。一方、丹後(尾上菊之助)がいなくなった「gaku」では、新しいシェフ・結月(馬場徹)の傍若無人な振る舞いで店はボロボロになっていた。そして、ある事件が起きる――。そして、運命のミシュランの審査開始が始まる。果たして、「グランメゾン東京」は、三つ星を獲得する事はできるのか!?


■日曜劇場『グランメゾン東京』(最終話)
12月29日(日)よる9:00~10:24

(C)TBS

この記事の画像一覧 (全 2件)