「さんま御殿」で令和No.1ティーンモデルが言った若者言葉“イチキタ”とは?

TV 公開日:2019/12/25 9
この記事を
クリップ

モデルの生見愛瑠(ぬくみ・める)が24日に放送された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ)に出演した。

生見は自らに話を振られると「“めるる”って呼んで下さい!」と自己紹介に続き、「この間、撮影が普段より早く終わったので、“イチキタ”してから撮影行きますねって言ったんですよ。そしたらスタッフさん全員から“ん?”って言われて...“え?イチキタって使わないですか?”ってなったんです。」と言うと、スタジオからは「”イチキタ”?」と疑問の声が。

“イチキタ”とは“一旦帰宅する”ことを指す若者言葉とのこと。「”イッキタ”の方がいいんじゃない?」と言うツッコミに対して「小さい“っ”が入ると可愛くないんです。」と生見ならではの独特の返しでスタジオを笑わせた。




その後も生見は“ぴえん”(残念な感情の時に使う言葉)などの今女子高校生たちの間で流行している言葉や、タピオカが好きすぎて1日に1回は必ずタピオカを飲むなどのエピソードを披露し、現役女子高校生としての等身大の言い回しやリアクションにスタジオからはツッコミと笑いが終始溢れた。

生見の本番組出演にSNSでは「沢山活躍してて嬉しかったぁぁ」「面白かった!かわいすぎ??」「可愛すぎた!写真撮りまくった!だいとぅき」など、生見をテレビで見れたことへの喜びの感想など多くのコメントが寄せられた。

また現在、LINEのスタンプショップにて生見の『生見愛瑠の”はっぴーす”スタンプ』が発売開始されている。女子中高生たちのカリスマ的存在のめるるスタンプも要チェックだ。



   

この記事の画像一覧 (全 4件)