“エキストラ”間宮祥太朗が目立ちすぎ!?異色のオムニバスドラマ

TV 公開日:2019/12/25 5
この記事を
クリップ

ドラマの中に空気のように存在するエキストラ。そんな彼ら彼女らにスポットライトをあてた異色のオムニバスドラマ『エ・キ・ス・ト・ラ!!!』が2020年1月16日(木)から放送されることが決定した。

各話の主人公であるエキストラを演じるのは、間宮祥太朗・橋本マナミ・松尾諭・ニッチェ江上・筧美和子・笠松将・渡辺哲の豪華俳優陣。間宮は必死で目立とうと余計な芝居をする俳優志望のエキストラ。橋本は夫の浮気を疑う人妻リーダーエキストラ。松尾は顔出しNGのサラリーマンエキストラ。ニッチェ江上はイケメン俳優ヲタクのエキストラ。筧はとにかく売れたい願望の強い美人エキストラ。笠松は高学歴御曹司の大学生エキストラ。渡辺は70歳にしてドラマデビューしたおじいちゃんエキストラ。そんな個性豊かなエキストラ達の熱き人間ドラマを、近年舞台だけでなく映像作品での活躍も目覚ましい岸本鮎佳、モラル、ニシオカ・ト・ニールの3名の新進気鋭の劇作家の脚本で描く。


また、ドラマ内で描かれる恋愛ドラマ『猟奇的な君を宇宙の果てまで追いかける』の主役は個性的な魅力で存在感を放つ若手俳優の吉村界人。『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』で注目を浴びた山谷花純がヒロインを演じる。そして、エキストラやスタッフに振り回されながらも日々奮闘する助監督役に水上京香、事なかれ主義の監督役に芹澤興人、関西弁炸裂の番組プロデューサー役に中林大樹が決まり、若手から実力派まで脇を固める俳優が揃った。泣いたり、叫んだり、はたまた何かに襲われたりする奇想天外なドラマ内ドラマにも注目だ。

「笑って見ていたら、ふとハッとさせられる」新感覚オリジナルコメディをぜひお楽しみに。


<関西テレビプロデューサー 米田孝、岡光寛子>
ドラマ制作をする我々にとって、エキストラは不可欠な存在です。暑い夏の撮影で待ち時間が長くても、寒い冬の撮影で薄着でも、そして放送されたドラマを見たらほんの1秒しか写っていなくても、作品の一部となり命を吹き込んでくれる皆さんへの敬意を払いながら、エキストラを主人公としたドラマを作りました。我々が実際に撮影現場で経験した“エキストラあるある”を紡ぎながら、ちょっとずれた熱量と周囲との温度差、そして人間らしく愛おしい、オモロ悲しくて笑える人間模様を描きます。「人は誰しも自分の人生の主人公。同時に誰かの人生の大切な脇役でエキストラ。私たちは、誰でもない存在と知らないうちに関わり合って生きている」2020年の始まりに目一杯笑いながらも、見終わった後にハッとさせられる、明日への生きるヒントと勇気になるようなドラマになればという思いを込めて…作品を彩る個性的で素敵な俳優の皆さんと共にお届けします!


<1話のストーリー>
とある収録スタジオーー。恋愛ドラマ『猟奇的な君を宇宙の果てまで追いかける』の監督・黒沢盛夫(芹澤興人)は頭を抱えていた。主演の人気俳優・高城蓮(吉村界人)、ヒロインの女優・西條友里(山谷花純)の演技に問題はないのだが、エキストラの柴崎翔(間宮祥太朗)の度を超えた熱演が目立ちすぎ、撮影がなかなか前に進まないのだ。
柴崎は俳優志望の青年。世に出るチャンスを求めて数々の現場でエキストラをこなしてきたが、未だに日の目を見ていない。だが、まったくめげる様子もなく、今日の現場でもアピールしようと必死に。時代劇でもないのに悪目立ちする和服姿で現れた柴崎に、助監督の矢部夏樹(水上京香)やほかのエキストラたちもあ然とするばかりだ。
そんななか、主役のすぐそばで演技をしていたエキストラが貧血で倒れ、柴崎が代役を務めることに!カメラに映りやすい絶好のポジションとあり、張り切る柴崎だが…。


■『エ・キ・ス・ト・ラ!!!』
2020年1月16日スタート 毎週木曜深夜0:55~1:25 (関西ローカル)※全10話
レギュラーキャスト:吉村界人 山谷花純 水上京香 芹澤興人 中林大樹
各話の主人公エキストラ:1話:間宮祥太朗 2話:橋本マナミ 3話:松尾諭 4話:江上敬子(ニッチェ) 5話:筧美和子 6話:笠松将 7話:渡辺哲 (8話~10話はレギュラーキャストのストーリー)

(C)カンテレ

【関連商品】

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 17件)