松重豊がプロデューサー役、地下アイドルメンバーに若月佑美ら

TV 公開日:2019/12/24 6
この記事を
クリップ

優れたシナリオ作品を発掘し、新人脚本家の育成を目的に創設された「WOWOW新人シナリオ大賞」。2018年度に応募総数413編の中から大賞に輝いた光益義幸氏の『父と息子の地下アイドル』を2月23日(日)夜10時よりWOWOWプライムにて放送することが決定した。




交通事故で植物状態になってしまった息子に代わり地下アイドルグループをプロデュースすることになる中年高校教師の主人公、千堂を演じるのは『孤独のグルメ』シリーズや大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』などに出演し、映画やドラマ、舞台、CFなど、様々な分野において個性的な存在感で魅了する名優・松重豊が熱演。地下アイドルという特殊な世界に戸惑いながらも奮闘する姿を描く。

そして、主人公がプロデューサーになるきっかけとなった彼の息子役には、子役からキャリアをスタートし、映画やドラマなど出演が相次いでいる注目の若手俳優、井之脇海。父親との確執に葛藤する繊細な音楽青年を演じる。

アイドルグループ「オトメがたり」のリーダー・椎奈役には元・乃木坂46の若月佑美。乃木坂46を卒業して、約1年。今作では地上を目指して奮闘する地下アイドル役に挑戦する。

同グループのメンバーにはジュノンガールズコンテストのファイナリストをきっかけにデビューし、今期待の若手女優・芋生悠と映画初ヒロインを演じる『踊ってミタ』の公開が控える加藤小夏といった、次世代を担う注目女優たちが女子高生アイドルをフレッシュに演じる。

また、周りを固めるキャストに今井悠貴、遠藤久美子、鶴田真由、瀧本美織、深水元基ら豪華俳優陣も決定しドラマを盛り上げていく。

作中では、楽曲にもこだわった本格的なライブが繰り広げられ、エネルギッシュなシーンが満載。熱血プロデューサーと今どきの地下アイドルが織り成す、音楽青春ドラマだ。監督は井浦新と大橋彰(アキラ100%)が兄弟役を演じたことで話題になった映画『こはく』を手掛けた横尾初喜。


<松重豊 コメント>
本作のオファーを受けた時、初めて脚本を読んだ時の印象
若手の登竜門的コンペティションということで、並々ならぬ覚悟で応募されていると思うので、台本の中に詰め込まれている一つひとつの言葉を大事にしつつ、演じる側の僕らがより良くできる部分は行間などで表現していきたいなと思います。ベテランの作家にない面白さを僕らが拾っていければと思います。

主人公・千堂真澄役を演じるにあたって
地下アイドルについては、ニュースなどでしか観たことがないですし、実際にどういう空気感でやられているものなのか分からないので、役と同じように、地下アイドルというものに新鮮に驚いて尚且つ自分自身が動かされていくところまで面白く感じてみようと思います。僕らの時代もそうですが、次の時代を変えていく面白いものは地下から生まれてくるような気もするので、地下アイドルは、一般的なアイドルではない、新しい価値をつくりだすんだろうなと思います。それを楽しみたいと思います。

視聴者の皆さまへ一
教師の役ですし学校という場所も出てきます。僕らの時代と、今の学校というものはものすごく大きく変わってきているという予感はします。そんな昭和な気持ちを持ちつつ、今の教育現場というもの、若い人と向き合う教師の気持ちをできるだけリアルにお届けするつもりですので、それらを身近に感じていただければなと思います。

<井之脇海 コメント>
本作のオファーを受けた時、初めて脚本を読んだ時の印象
地下アイドルを題材としたポップで疾走感のあるストーリーの中に、しっかりと登場人物の気持ちの揺れや夢への情熱が丁寧に描かれていて読み応えのある本でした。夢を持つ素晴らしさや、人を思いやることの大切さをしっかりと発信できる作品だと思います。

松重豊さんと親子役での共演にあたって
松重さんと初めてお会いした時、とても物腰の柔らかい素敵な方だと感じました。お芝居を一緒にさせていただくのは初めてなので、先輩に負けないように頑張りたいと思います。思いがすれ違ってしまった親子の関係ですが、ただの幼稚な喧嘩ではなく、しっかりと彼らなりの正義のぶつかり合いを松重さんと2人で作りたいと思います。

視聴者の皆さまへ一言
登場人物全員が一生懸命なので一緒に応援したくなる作品になると思います。ご期待ください!


<若月佑美 コメント>
本作のオファーを受けた時、初めて脚本を読んだ時の印象
素直に嬉しかったです。まだまだ高校生を演じてみたかったというか…25歳の私ですが、若くて青いあの時期ならではのパワーとか無敵さを出来る限りは出せる女優でありたいと思っていたので頑張りたいなと強く思いました。

地下アイドル・椎奈役を演じるにあたって
元アイドルという肩書きは誇りでもあり、時には壁として現れてしまったりもするのですが、今回は逆に元アイドルという部分が活かせる役なので説得力とリアルさが良い方に出るように頑張りたいと思います。

視聴者の皆さまへ一言
見ていただいた皆様に、夢を信じる力と自分を信じる力ってこんなに強いパワーをもっていて周りの心まで変えていけるんだな、とかそんな風に思って貰えたらいいなと思っています。素敵な作品をお届け出来るように全身全霊で頑張ります!

1/2ページ