『超踊る!さんま御殿!!』令和元年総まとめ超豪華トークバトル

TV 公開日:2019/12/24 8
この記事を
クリップ

12月24日の『踊る!さんま御殿』は令和元年の総まとめ。今年話題の有名人たち総勢51名が登場する大騒ぎの超豪華!クリスマスイブスペシャル『超踊る!さんま御殿!!サンタ美女が大騒ぎ!超豪華有名人の聖夜祭』(19:00~22:54・日本テレビ)を放送する。




『世代間トークバトル』にはさまざまな年代の出演者がズラリ。72歳の泉ピン子は、今年大流行したチョコレートプラネットの「TT兄弟」のリズムを間違えてしまい赤っ恥。40代の矢田亜希子の「もちのろん」という発言には若者たちから「ダサい」と言われるうえ、ヒロミら中年男性陣からも「ショック」と失笑されてしまう。“めるる”こと生見愛瑠ら10代の女性陣は、今年さんまが覚えた「マジ卍」を「使わない」と指摘。「ぴえん」「いちきた」「ノーチャン」など最新の流行語を伝授する。

今年大ブレイクし来年2月には六代神田伯山襲名を控えている講談師の神田松之丞は、なんと「講談への情熱がなくなっている」と爆弾発言。さんまは「飽きることあるよ」と同情し、泉も「『おしん』が終わったとき(女優を)辞めようと思った」など、それぞれの仕事観を明かす。また9歳の村山輝星は、「また会いたい人」として、ある50代の著名な男性の名前を告白しスタジオ中が騒然。その男性とは……。


「今年話題の芸能人」ブロックでは、人気者たちの苦情が炸裂。 俳優・佐藤二朗はプレッシャーをかけてくるさんまに「怖いの!」と泣きそうに。アンジャッシュ渡部は第1子が生まれた際に笑福亭鶴瓶から言われたデリカシーの無い一言に怒り心頭。宮下草薙・草薙は「ペットボトルの捨て方がわからない」と、家の床に1000本くらい溜まってしまっていることを明かす。「今年最も恥ずかしかった出来事」というテーマでは、キスシーンの話で大盛り上がり。中山秀征はかつてドラマのキスシーン直前に起こった恥ずかしい出来事を告白する。「きれいになりたいという願望が止められない」というEXITりんたろーは、小顔になるため有名な先生の施術を申し込むも「最高の状態」と、これ以上小顔にならないことを告げられたと嘆く。


女性だらけの「サンタ姿でクリスマス女子会」には、土屋太鳳の姉で「ミス・ジャパン」初代グランプリとなった土屋炎伽さんが初登場。妹・太鳳のことを「尊敬がすごい」とべた褒めする。さんまが気になる“ラブメイト”として今年3位に番組の生放送で挙げた女優・唐田えりかも初登場。番組をリアルタイムで見ていたという唐田が「興奮して眠れなくなった」と言うと、その言葉に「遠回しな告白?」とさんまは期待を寄せる。テーマ「私だけの男の見極め方」では、「ニコニコしている人は浮気する」(若槻千夏)、「自宅に連れて行かないのに家のことを詳細に言う男は嫁がいる」(いとうあさこ)、「初対面で深い話をする男は脈無し」(オアシズ大久保)など、リアルな体験談を交えた女性陣の教訓が続々。テーマ「クリスマスの思い出」では、納言・薄が、電気が止められている彼氏との悲惨なクリスマスを告白。大久保は、おぎやはぎ小木家のクリスマスパーティーでとんでもない失態を晒してしまったことを悔やむ。


最後は2019年の「さんま御殿」を締めくくる超特別企画「2019年の名場面一挙大公開SP」。番組を盛り上げた芸能人たちと共に「さんま御殿ベストセレクション2019」VTRを振り返る。

まずは今年11月にバツイチとなったSHELLYにさんまと河野景子が「おかえりなさい」としみじみ挨拶。さんまが「まったく大丈夫やと思って」と言うと、SHELLYは「私も思っていました」と明かす。VTRは、ヒロミと坂上忍が互いのMCを痛烈批判した「バトル編」や、飯島直子がバツ1つのさんまに「甘いね」と言い放った「名言編」ほか大ボリューム。途中のトークでは、今年flumpoolのベーシストと結婚した高見侑里が、6年付き合っていたことを隠してウブな恋愛トークを繰り広げていたことに、さんまが「ええかげんにせえよ!」とキレる。

予測不能な王林のトークの中でも最も意味不明だった「生まれ変わったら床になりたい」発言や、フォローしたさんまを突き放す滝沢の天然ぶりもプレイバック。そして、お笑い怪獣・さんまが笑いのために繰り出す非情なツッコミや指導シーンもたっぷり披露する。「ここは戦場や!」と笑いに賭けるさんまの姿について、丸山桂里奈は「太陽が味方にしている」と淡々と説明するも、バイきんぐ小峠から「悪いセミナー聞いているみたい」とツッコミが。王林は「さんまさんの“サテツ”をちゃんとみんなに言ってほしい」と言い出し、“サテツ”の意味がわからず全員ポカン。王林が言う“サテツ”とは果たして……!? 今年のトークの締めを任されたのは滝沢。「もっとさんまさんと同じ時代に生きたかった」と故人を偲ぶかのような彼女の感想に、「俺死んだ!?」とさんまはビックリ。最後まで爆笑が絶えない「さんま御殿」スペシャルをぜひお見逃しなく。


出演者

<司会>

 明石家さんま

<ゲスト>

【世代間トークバトル】(五十音順・敬省略)

泉ピン子、神田松之丞、チョコレートプラネット、中尾明慶、生見愛瑠、ねお、羽鳥慎一、ヒロミ、向井地美音(AKB48)、村上佳菜子、村山輝星、矢田亜希子 


【話題の人】(順不同・敬称略)

清野菜名、佐藤二朗、白石聖、アンジャッシュ、EXIT、中山秀征、ハリセンボン、宮下草薙


【サンタ姿でクリスマス女子会】(五十音順・敬省略)

いとうあさこ、伊原六花、大久保佳代子(オアシズ)、唐田えりか、ガンバレルーヤ、菊池良子、薄幸(納言)、土屋炎伽、デヴィ夫人、寺田ちひろ、ファーストサマーウイカ、ブルゾンちえみ、若槻千夏


【総集編】(五十音順・敬省略)

稲田直樹(アインシュタイン)、王林(りんご娘)、くわばたりえ(クワバタオハラ)、河野景子、小峠英二(バイきんぐ)、SHELLY、高見侑里、滝沢カレン、富田望生、丸山桂里奈、みやぞん(ANZEN漫才)、ゆきぽよ

ⒸNTV

この記事の画像一覧 (全 14件)