増田貴久、柚月裕子原作『パレートの誤算』で橋本愛と初共演

TV 公開日:2019/12/23 3
この記事を
クリップ

主演に橋本愛を迎え、WOWOWにて2020年3月から放送される『連続ドラマW パレートの誤算~ケースワーカー殺人事件』。市役所の新人嘱託職員として働く主人公・牧野聡美(橋本)は、本来の希望ではない社会福祉課のケースワーカーの職に就いていたが、信頼していた先輩がアパートで焼死体で発見されたことから、福祉や市政、医療を取り巻く町の闇に巻き込まれていく…。

原作者の柚月裕子は映画化もされた『孤狼の血』で脚光を浴び、今、最も期待されている作家のひとり。本作でも、現代日本を蝕む病巣を容赦なく剥き出しにしながら、市民への温かいまなざしも忘れていない。

そしてこの度、人生の目標を定められないままぼんやりと日々を過ごしていたところ事件に深く関わることになった聡美の同僚・小野寺淳一役として、増田貴久の出演が決定。増田はWOWOWの連続ドラマW初出演で、橋本とも初共演となる。




1人のケースワーカーの死は何を意味し、何を残すのか。誰がこの町の未来を本当に輝かせるのか。善と悪、職務への責任感と個人の感情の狭間で揺れ動きながら、事件の謎と人生の意義を模索していく聡美と小野寺の行きつく先には、今後の日本社会の希望が見えてくる。増田が演じるのは、将来が不透明な今の日本の若者たちが抱える漠然とした不安を体現する「ごく普通の青年」。彼が物語を通じてどのように変化、成長していくのか。増田の新たな一面に注目だ。


<増田貴久(小野寺淳一役)コメント>

――WOWOW連続ドラマW初出演についての意気込み
お話を頂いた時はすごく嬉しくて、「なんで呼んでくれたんだろう?誰が呼んでくれたんだろう?」とマネージャーさんに質問攻めしてしまいました(笑)。社会派でありサスペンス要素もあって、とても興味深く台本を読ませて頂きました。撮影が今から楽しみです。

――原作を読まれた際の感想
僕は本を読むのがあまり得意ではないのですが、スラスラ読めてしまいました。本があまり得意でない僕ですら、夢中になって読むことができた本作の映像化ということで、演者としても、視聴者としてもとても楽しみです。タイトルにも繋がる「パレートの法則」自体もとても興味深くて。法則に自分を当てはめたときに、「僕はどちらの方にいるのだろう」と自らの人生と照らし合わせながら読んでいました。

――この映像化を通じて届けたい想いや、視聴者の皆様へメッセージ
正直なところ、生活保護の現状を自分もあまり理解できていなかったですし、他人事で関係ないと思っている方の方が多いと感じました。本作に関わらせて頂いて、こういった実情を深く知り、どういった方が生活保護を受け、どのくらいの金額を受け取られていて、そのお金の出どころを知ることで、これからも税を納めていく1人として考え方を改めました。ドラマというエンターテインメントで1人でも多くの方にこの現状を知って頂き、考えるきっかけになってくれればいいなと思います。是非ご覧ください!


■WOWOW『連続ドラマW パレートの誤算~ケースワーカー殺人事件』
2020年3月スタート(全5話)〔第1話無料放送〕
出演:橋本愛 増田貴久ほか


【関連商品】

   

   

この記事の画像一覧 (全 3件)