高畑充希クランクアップ、同期のサプライズ訪問に「嬉しい!」連発

TV 公開日:2019/12/18 12
この記事を
クリップ

現在放送中の日本テレビ系水曜ドラマ『同期のサクラ』で主演を務める高畑充希がクランクアップを迎えた。




『過保護のカホコ』制作チームが集結し、主演・高畑充希と、脚本家・遊川和彦が再びタッグを組んだ本作も、いよいよ今夜最終回を迎える。高畑充希にとって最後のシーンとなったのは、花村建設内のエレベーター前のシーン。サクラの最後のセリフは、「重役専用のエレベーターなど作らず、社員全員が乗れるようにすればいいと思わないか?」という黒川(椎名桔平)の問いに対して、「思います」という短い言葉だった。

高畑は、「皆さん、お疲れ様でした。朝が早くて体力的にも本当に大変でした。途中何回か、絶対倒れるかと思ったのですが、ビックリするほど体が丈夫に生まれたみたいで、風邪を引くこともなく、最後まで乗り切れて本当に良かったです。大変ではありましたが現場の雰囲気も非常に良く、本当に恵まれた環境の中でお芝居が出来たことに大変感謝しております。本当にありがとうございました。」とコメント。

コメントを終えた高畑の元には、蓮太郎役の岡山天音がサプライズで登場。突然のサプライズ訪問に高畑充希は「嬉しい!!」を連発。高畑と岡山の同期同士の温かなハグで和やかなムードに包まれ、すべての収録は終了した。

サクラと同期たちの激動の10年がついに今夜、完結する。

■日本テレビ系10月期水曜ドラマ「同期のサクラ」
最終回:2019年12月18日よる10時~
主演:高畑充希

(C)日本テレビ



【関連商品】

   

   

この記事の画像一覧 (全 12件)