『NHKバーチャル紅白歌合戦』出場者14組を発表、バーチャル対リアルの戦い

TV 公開日:2019/12/13 11
この記事を
クリップ

2020年1月1日(水・祝)午後11時10分から、NHK総合では『NHKバーチャル紅白歌合戦』を放送。出場者全14組が決定した。

テーマは、「バーチャル対リアル!バーチャルはリアルを超えられるか?」。ネットの世界から生まれた“VTuber”と呼ばれるバーチャルなアーティストと、リアルな歌手たちが、“バーチャルNHKホール”を舞台に、紅白に分かれ、歌で戦う。




出場者は以下の通り※並びは50音順、実施の歌唱順(対戦順)ではありません

【紅組】
アイドル部
Kizuna AI
Punky Fine featuring 電脳少女シロ
樋口楓
HIMEHINA(田中ヒメ+鈴木ヒナ)
ピンキーポップヘップバーン
富士葵

【白組】
オーイシマサヨシ
スカイピース
高橋洋子
西川貴教
細川たかし
森口博子
りんごちゃん

司会は、紅組が小田切 千アナウンサー、白組が赤木野々花アナウンサーが務める。また、『NHK紅白歌合戦』でも恒例の副音声を使ったちょっとゆるめの実況トークを、人気VTuberの月ノ美兎と白上フブキの二人が担当する。


■『NHKバーチャル紅白歌合戦』
2020年1月1日(水・祝)午後11時10分~翌 午前0時25分


ピンキーポップヘップバーン画像:©Pinky Pop Hepburn

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 26件)