市原隼人、ママチャリで爆走?『おいしい給食』奇跡の結末へ

TV 公開日:2019/12/13 3
この記事を
クリップ

10月より全国各地で放送中、市原隼人主演のオリジナルドラマ『おいしい給食』。本作は、給食マニアの教師・甘利田幸男(市原隼人)と、給食マニアの生徒・神野ゴウ(佐藤大志)による、どちらが給食を「おいしく食べるか」という闘いを描く学園グルメコメディ。1980年代の中学校を舞台に、食欲をそそる甘利田とゴウの給食バトルと共に、甘利田と彼を取り巻く人たちのさまざまな人生模様が描かれている。





給食を愛する甘利田とゴウの闘いが毎話繰り広げられる中、ドラマ「おいしい給食」も遂に最終話。最終話を飾る給食の献立は、創立100年を迎える常節中学校の歴史上初の「米飯」。新たに導入される白米の登場に、しかもおかずはカレーということで、いつも以上にソワソワ度が半端ない甘利田と今か今かと待ち構えるゴウ。そんなウッキウキで待ちわびる2人をよそに、とんでもない事件が起こってしまう。

「ご飯が届かないのよ~」と給食のおばちゃん牧野の慌てた発言に、届けられるはずの「米飯」が他校へ誤送されてしまうという事実が発覚。そのことを知ったゴウは、”米”を取り返すために授業そっちのけで、誤送された先の学校へと飛び出してしまう。

「許せないことがある」と吐露し、ヤンチャリで一心不乱に他校を目指すゴウと、ゴウを追いかけるためにママチャリで爆走する甘利田。ママチャリ&ヤンチャリで爆走した先に2人に起こる奇跡の結末とはー。甘利田とゴウの決着の行方はどうなるのかー。最終話の甘利田とゴウの給食にかける熱い想いにご期待を。

■ドラマ「おいしい給食」(全10話)
テレビ神奈川、TOKYO MX、BS12トゥエルビほかにて放送中
(C)2019「おいしい給食」製作委員会




   


   


   

この記事の画像一覧 (全 7件)