吉田羊&鈴木梨央、スピッツの『優しいあの子』を本気で歌い上げる

TV 公開日:2019/12/12 7
この記事を
クリップ

女優の吉田羊と鈴木梨央が出演する「ポカリスエット」の新CM『かわいい母娘』篇、『冬のピアノ』篇、『冬の朝』篇、『優しいあの子』篇、『ともだち』篇が2019年12月14日(土)より全国で放映を開始する。

シリーズ第12弾となる今回は、連続テレビ小説『なつぞら』主題歌であったスピッツの『優しいあの子』を、吉田と鈴木が本気で歌い上げている。




吉田が鈴木の髪を結ってあげたり、ピアノを一緒にひいたり、シーツにくるまりながらじゃれあったり、その微笑ましい姿はまるで本当の親子のよう。鈴木は今回トイピアノを初演奏。吉田のお得意のサビのハモリも印象的だ。また、楽曲フル尺バージョンも公開。吉田、鈴木の仲睦まじい姿、歌唱に注目してほしい。


<吉田羊・鈴木梨央インタビュー>

◆楽曲『優しいあの子』について
楽曲『優しいあの子』について聞かれた鈴木は「もともとすごく好きで聞いていたので、今回この曲だと知って嬉しかったです」と回答。「キーを高めに設定してもらったけれど、高いところ大丈夫だった?」と吉田が尋ねると「最初は出るか不安だったけれど、歌っているうちになめらかにでるようになりました」と出来上がりに対して満足した様子だった。

◆ピアノ、音頭、ウクレレ、いろいろチャレンジしてきた今までの作品を振り返る
本シリーズも12弾目となり、2人で今までの作品を振り返るシーンも。今回トイピアノにチャレンジした鈴木。吉田はすっかり母親のような顔で「りおちゃん、どんどんできることが増えていくね」と感慨深く語りかける。「名曲を歌いながら踊ったり、音頭を唄ったり。ウクレレもやったし、サックスもやったね」と吉田が想い出を語ると、鈴木も続いて「トランペットもやった」と振り返った。吉田がそれを受けて「なんでもできるね」と語りかけると、鈴木は「次、何やるんですかね」とすでに次の挑戦に期待しているようだった。

◆ポカリの母と娘!吉田が電車内で自身の広告を“自撮り”?
街で“ポカリの人”と声をかけられることもあるという二人は「ポカリの母と娘だね」と話し、仲睦まじい様子を見せた。そして吉田は、電車内で「ポカリのまなきゃ」のステッカーを発見したとき、「ラッキーだ!」と思って写真を撮ろうとしたところ、ファンの方に「吉田羊さん?」と声をかけられて、「今のは見なかったことにしてくだい!」と懇願したという“広告自撮り”エピソードを語ってくれた。

◆2020年は鈴木もついに高校生!将来の夢は?
吉田が「次のシリーズを迎える来年には梨央ちゃんも高校生だね。将来は何になりたい?」と問いかけると、鈴木は「このまま女優さんを目指したいです」と答えた。「やめたいと思ったこともいっぱいあるけど、やっぱり好きだから」と鈴木が話すと、吉田も「私もどんなに苦しい思いをしても、やっぱりまたお芝居したいと思っちゃう」と女優心を打ち明けあっていた。


■ポカリスエットCM概要
『かわいい母娘』篇 15秒
『冬のピアノ』篇 15秒
『冬の朝』篇 15秒
『優しいあの子』篇 30秒
『ともだち』篇 15秒
2019年12月14日(土)から全国エリアにて放映開始





【関連商品】

   

   

この記事の画像一覧 (全 7件)