『義母と娘のブルース』3夜連続!竹野内豊・佐藤健・井之脇海が主演

TV 公開日:2019/12/12 22
この記事を
クリップ

TBSで2020年1月2日(木)よる9時から放送する、『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』。このたび、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では、このスペシャルドラマのParaviオリジナルストーリーを配信することが決定した。


『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴による4コマ漫画「義母と娘のブルース」(ぶんか社刊)を原作に、2018年7月クールにTBSの火曜ドラマ枠で放送。主人公のキャリアウーマンが8歳の娘を持つ男性に突然プロポーズされ結婚、畑違いの家事やママ友の世界に足を踏み入れ、娘の母親になろうと一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語をお届けした。義母と娘、そして娘の実父という3つのコードがブルースを奏でるかのように、愛すべきキャラクターたちが繰り広げる少しおかしな日常。そしてその合間にピリッとした孤独が垣間見え、笑って泣けると幅広い層から高い評価を得た。




今回のスペシャルドラマは、連続ドラマでお送りしたストーリーの1年後をオリジナルストーリーでお届けする。そして、Paraviで配信されるオリジナルストーリーのタイトルは、『義母と娘の間のフェルマータ』。義母・亜希子(綾瀬はるか)と娘・みゆき(上白石萌歌)のブルースの間にある男性3人の物語である。その男性3人とは、『義母と娘のブルース』には欠かせない竹野内豊、佐藤健、井之脇海。彼ら3人を主演に迎え、3本立てで描く。3人それぞれどんな物語なのか? 特に連続ドラマの中で病気で亡くなった亜希子の夫・宮本良一を演じた竹野内はどんな役で登場するのか? ぜひ楽しみにしていただきたい。もちろん、綾瀬はるかや、上白石萌歌、浅利陽介ら連続ドラマのレギュラーキャストのほか、個性豊かな俳優陣も出演する。


『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』とParaviオリジナルストーリー『義母と娘の間のフェルマータ』は、同じ時間軸で物語が進行するので、両ドラマがところどころで複雑に絡み合い、リンクするのもみどころのひとつ。フェルマータとは、楽曲の途中で小休止する記号のこと。『義母と娘のブルース 22020年謹賀新年スペシャル』の劇中、どこかが“小休止”をした時、竹野内、佐藤、井之脇が主演のそれぞれの物語が動き出す、という構成だ。


Paraviオリジナルストーリー『義母と娘の間のフェルマータ』は、1月2日(木)よる9時から放送の『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』の放送後から3夜連続で配信される。両方見て、『ぎぼむす』の世界を存分に堪能していただきたい。またParaviでは、連続ドラマ『義母と娘のブルース』と、Paraviでしか見ることができない『義母と娘のブルース ディレクターズカット版』をそれぞれ配信中。新作の放送を前に、義母と娘の10年間の物語をこの機会に振り返ってほしい。


<プロデューサー・飯田和孝コメント>

『義母と娘の間のフェルマータ』は、ただの「小休止」的なサイドストーリーではありません。本編のシーンとシーンを繋ぐ接着剤のようであり、本編をさらに面白く仕立て上げる調味料のようでもあります。本編を見た後にオリジナルストーリー、そしてまた本編を見る・・・という風に、『義母と娘のブルース』を楽しんでいただければうれしいです。


■番組概要

[タイトル] 『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』

[放送日時] 2020年1月2日(木)よる9:00~11:20

■配信情報

[タイトル]   『義母と娘の間のフェルマータ』

[配信日時] 

佐藤健  編   1月2日(木)23:20~

竹野内豊 編   1月3日(金)21:00~

井之脇海 編   1月4日(土)21:00~


©TBS