山田裕貴主演ドラマ 浅川梨奈がヒロインに決定、アクションシーンに注目

TV 公開日:2019/12/10 8
この記事を
クリップ

連ドラ初主演&異例の同時期2作品主演決定で話題の山田裕貴。その主演作のひとつで、ヒーローアクションの第一人者、坂本浩一監督とタッグを組む『SEDAI WARS』の追加出演者が発表され、女優の浅川梨奈がヒロインとして出演することが分かった。




浅川は、 “2019年映画・ドラマ出演本数ランキング” で『第1位』(10/4発売雑誌『日経エンタテインメント!』の「次世代ヒロインを探せ!」特集より)を獲得したほか、今年数多くの作品で主演を務め、大ヒットを記録した映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』では、原作やアニメを完コピしたかのような再現度の高い演技が話題となり大きな注目を集めた。

 作品名はその名も “SEDAI WARS(セダイウォーズ)”!舞台は近未来の日本。世代間の軋轢によって社会が崩壊の一途を辿るなか、時の内閣総理大臣に代わって日本を治める大統領を決めるという“SEDAI WARS”の開催が発表され、それはSEDAI(セダイ)と呼ばれる各世代の代表者がVR空間内でバトルロイヤルを行うというトンデモない内容になっている。

今回浅川は【ミレニアル世代】代表の女子高生でジュニアアイドルを経て、現在はグラビアアイドルとして活動しながらも、そのことから同級生からのいじめに遭っているという“西條萌”を演じる。その他に、【団塊世代】代表の西岡德馬をはじめ、【バブル世代】代表に岡田浩暉・横山めぐみ、さらに【ロスジェネ世代】代表には真飛聖、【ゆとり世代】代表には本作主演の山田裕貴、さらに、バトルロイヤルの仕掛け人である総理大臣役として大友康平が名を連ねる。

浅川は「学ばせていただくことがすごく多く、とても勉強になった。皆さんとても優しく温かくてなんだかとても心地の良い現場でした。」と豪華な共演者らとの思い出を述べると共に、坂本組への参加は今回が二度目ということもあり「今回もはじめから終わりまで本当に楽しかったです!坂本さんといえば、のアクションシーンにぜひ注目して頂きたいです!」とコメントした。

また、合わせてメインビジュアルも公開。主人公をはじめとする10人のSEDAIたちが“バトルモード”への変身を遂げた状態で一堂に集結しており、ハチャメチャな世界観の中、壮絶なバトルアクションが繰り広げられる『SEDAI WARS』という作品に相応しい仕上がりになっている。

異色のオリジナルドラマ『SEDAI WARS』はどのような物語となるのか?ぜひ、MBS/TBSドラマイズムにて2020年1月からの放送にご期待ください。

 

 【浅川梨奈コメント全文】

・共演した方々について

お芝居を見て学ばせていただくことがすごく多く、個人的にとても勉強になりました。皆さんとても優しく温かくてなんだかとても心地の良い現場でした。裕貴さんのアドリブや発想に何度も笑わせてもらいました。あまりの面白さに何度も笑ってしまいそうになったので、完成した映像で笑ってしまっていないか少し不安です。笑

 

・坂本組への2回目の参加について

とにかく現場が楽しかったです!!坂本さんはずっと笑顔でたまにジョークを言ったりしながら常に明るく楽しい空気を作ってくださるので大好きなのですが、今回もはじめから終わりまで本当に楽しかったです!!坂本さんといえば、のアクションができたことがすごく嬉しかったですし、ぜひアクションシーンに注目して頂きたいです!ぶっ飛んだ世界を一緒に表現できる場を経験出来てとても楽しかったです。

 

 <ドラマあらすじ>

近未来の日本。移りゆく時代の中、国民の間で、世代間のわだかまりと不満が充満し、社会の機能が著しく低下。経済は衰退し、崩壊の一途を辿っていた…。焼け跡、団塊、バブル、ロスジェネ、ゆとり、ミレニアル…。各世代が、不幸と不運を全て他の世代のせいにして生きている…。それが当然の事となり、人々は誰かを信じる気持ちを、思いやりを失った。

この記事の画像一覧 (全 2件)