異色の“インテリジャニーズ”NEWSの2人が、“ヤバイ”島の島おこしをお手伝い

TV 公開日:2019/12/10 8
この記事を
クリップ


Q.日本の「島問題」、過疎化が進む渡鹿野島に行った感想をお聞かせください

小山:実際に行ってみて、渡鹿野島の魅力を感じた一方でさまざまな改善点も見えてきました。取材をして、島を変えることを決して諦めていない島民の方々の気持ちも伝わってきて、僕たちもできる限りの協力をしたいと思いました。外から来た僕たちだからこそ気づける部分もあると思うので、島民の皆さんと協力しながら番組を通してこの島の魅力をたくさんの方に知っていただけるように頑張りたいと思います。

加藤:渡鹿野島に実際に行って取材をし、現状を目の当たりにしたことで浮き彫りになった問題もありましたし、体感したこともたくさんありました。ただ深刻な部分はありながらも、島民の皆さんのポジティブなエネルギーも感じられたので、島がどう変わっていくのか、見ている方もワクワクした気持ちで楽しめるポジティブな内容になる予感がしています。この番組をきっかけに、いろんな方に「島問題」に興味を持ってもらい、似たような状況にある島に住む方々にもエネルギーを与えられたらと思います。


■『NEWSな2人SP』
2020年1月2日(木)よる11:30~0:30

(C)TBS


2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。