『半沢直樹』エピソードゼロ 主要キャスト一挙発表、相関図も解禁

TV 公開日:2019/12/10 40
この記事を
クリップ

TBSで2020年4月から放送する日曜劇場『半沢直樹』(仮)。その放送に先駆け、2020年1月3日(金)にスペシャルドラマ『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ』を放送する。

前作で、銀行内で行われていた数々の不正を幾度となく暴き、痛快な逆転劇を見せた堺雅人演じる半沢直樹。しかし最終回では、頭取からまさかの子会社への出向を命じられてしまった。

スペシャルドラマは、半沢がその子会社「東京セントラル証券」に赴任した後に起きるある事件を中心に展開される。主人公の 敏腕プログラマー・高坂圭(こうさか・けい)を吉沢亮が、半沢の出向先の新入社員・浜村瞳(はまむら・ひとみ)を今田美桜が演じる。

そしてこのたび、豪華な追加キャストが決定した。




若本健人(わかもと・けんと)役で吉沢悠、加納一成(かのう・かずなり)役で井上芳雄、黒木亮介(くろき・りょうすけ)役で北村匠海、瀬名洋介(せな・ ようすけ)役で尾上松也、そして城崎勝也(しろさき・かつや)役で緒形直人が出演する。

吉沢悠演じる若本は、高坂が働くIT企業「スパイラル」開発部のリーダー格。井上演じる加納は「スパイラル」の専務。北村演じる黒木は、高坂と過去に因縁のある謎の人物。尾上演じる瀬名は「スパイラル」の社長。緒形演じる城崎は「東京セントラル証券」情報システム部の主任という役どころだ。また、加納と瀬名は、4月に放送を控えた続編の原作にも登場する人物。シリーズの展開においても重要な鍵を握る人物となる。

『南極大陸』(2011年)をはじめとするTBS日曜劇場枠の常連でもあり、確かな演技力に定評のある吉沢、ミュージカル界のプリンスと呼ばれ、日本のミュージカルシーンを牽引する井上、歌舞伎俳優として伝統を継承する一方で、新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」でユパを演じるなど挑戦を続ける尾上、映画「君の膵臓をたべたい」(2017年)「君は月夜に光り輝く」(2019年)など数多くの作品で独特の存在感を放つ北村。そして、父、息子と三世代にわたり俳優界をけん引、ベテランとして貫禄が増してきた緒形と、豪華な俳優陣が集結。『半沢直樹』という、かつてないスケールと迫力の群像劇の世界観をひと足先に味わえる、またとない機会であることは間違いない。

そのほかにも、瞳の上司で「東京セントラル証券」情報システム部の部長・府川義則(ふかわ・よしのり)役で元「劇団四季」の栗原英雄、さらに玉置玲央、磯﨑義知、吹越ともみなど個性派俳優陣の出演も決定している。“半沢イヤー”の幕開けに、期待が高まる。


<吉沢悠 コメント>
日曜劇場『半沢直樹』から数年を経て、2020年、新たな半沢イヤー記念に相応しい内容のスペシャルドラマに出演させていただき、とてもうれしく思っています。僕がこの作品にとても感動しているのは、撮影現場の空気自体がドラマの空気感同様、緊張感と高い熱量に包まれていることです。「半沢ファン」の期待に応えつつ、エピソードゼロの独特な違った世界観を生み出そうと、全員が必ず最高のドラマにしようという気持ちの表れではと思います。「こんな半沢があっても面白い!」というスペシャルドラマになっていますので、どうぞご覧ください!!


<井上芳雄 コメント>
『半沢直樹』のスペシャルドラマにお声掛けいただき、大変興奮しました。普段は舞台が多く、ドラマ出演が多い訳ではない中で、本当にありがたい機会だと思っています。私が演じるのはIT企業の専務という役柄ですが、僕自身はアナログな人間なので分からないことも多いです(笑)。今の時代らしい最先端の業界の話で、新鮮な気持ちで演じられたらと思っています。また、吉沢亮さんとは初共演となるので、そこも楽しみにしています。『半沢直樹』らしい痛快な展開が紡がれていますし、新年から「今年も頑張るぞ」という気持ちになれる作品になっていると思いますので、是非ご覧ください!

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)