Aぇ! group、ひらかたパークの絶叫マシーンでカオスな状況に…

TV 公開日:2019/12/09 6
この記事を
クリップ

毎週月曜深夜0時55分から放送中の『なにわからAぇ! 風吹かせます!~なにわイケメン学園×Aぇ! 男塾~』。関西ジャニーズJr.内のユニット、なにわ男子、Aぇ! groupの2組がそれぞれ自身初となる冠レギュラー番組。

2組が切磋琢磨しながら、次世代のスターへと成長を遂げるため、さまざまな企画に挑戦するバラエティーで、なにわ男子は“さわやか”“スタイリッシュ”“キラキラ”をモットーに掲げる「なにわイケメン学園」、Aぇ! groupは“汗”“涙”“根性”を教訓に掲げる「Aぇ! 男塾」に通っているという設定。お互いをライバル視する2組がプライドを懸けて、それぞれの学風に合ったロケに挑戦。放送では、「なにわイケメン学園」と「Aぇ! 男塾」を交互にお届けする。

12/9(月)は、Aぇ! group担当の「Aぇ! 男塾」をお届け。




今回は、末澤誠也・草間リチャード敬太・小島健の3人が絶叫マシーンに挑戦。“男たるもの、絶叫マシーンくらいキャ~キャ~言うてんとサッと乗ったらんかい!”ということで、事務所の先輩・V6の岡田准一がイメージキャラクター“ひらパー兄さん”を務める大阪・ひらかたパークで、さまざまなアトラクションに挑む。

ロケ当日は雨が降る、あいにくの天候。オープニング撮影時も、スタッフから悪天候の影響で絶叫マシーンが運航休止中と聞くと、3人はあからさまにニヤニヤ。末澤は「機構の問題なので仕方ないです。乗りたかったけど…」と、ホッした様子。しかし、希望も虚しく、天候は徐々に回復。ロケ決行を悟ったメンバーは、渋々準備を始める。

まず、挑戦するのは全長約1300メートル、最高スピードが時速70キロにもおよぶ、ジェットコースター。“チャレンジするのは2名”と聞き、だれが乗るかで揉めるかと思いきや、「男気出して、まずはリーダーが!」と立候補する小島。しかし、末澤も「リーダーは良い所でビシッと決めてほしい!リーダーは1発目じゃない!ここは俺とリチャ(草間)で頑張る!」と男気のみせ合いに。はたして最初に乗車するのは?しかし、乗ったメンバーも「怖いよ~」と嘆き始めて…。

2つ目のアトラクションは、ぐるぐる回転しながらレール上をスイングする絶叫マシーン。乗りながら大声で歌い始めるメンバーと、恐怖でそれどころではないもう1人は「歌わんといて!」と絶叫するカオスな状況に。そして最後は、約50mの高さから垂直降下する「フリーフォール」に挑戦。ここまで男気をみせてきたメンバーだったが、“ひらかたパーク最強の絶叫マシーン”を前に押し付け合いが始まる。そこで、一人目はこれまでの出来が悪かったメンバーに決定。しかし、なかなか二人目が決まらない。しばし流れる沈黙の時間…。すると、ついに「オレ行くわ!」と男気を見せるメンバーが登場するが、もちろんすんなりいくこともなく…。

すべてのアトラクションに挑戦し、「男気をみせられた!」と自信満々の3人。はたして、番組史上初の“ロケ赤点生徒なし”達成なるか?なおこの番組は、放送終了後、関西以外の方にも楽しんでいただくため、無料動画配信サービス「GYAO!」にて全国独占配信される。そのほか、番組連動のオリジナル動画『なにわコスプレ名言学園』も放送終了後から「GYAO!」で無料配信。今回はAぇ! groupが警察官のコスプレに挑戦。


<ロケ後コメント>

――撮影を終えた感想は?
末澤:楽しかったですけど、その倍疲れましたね。本当に怖くて、2度と乗りたくないアトラクションもありました…。
草間:予想通りの怖さでした。重力を恨む瞬間もありましたね(笑)。
小島:ロケが終わった時の達成感は、今までの中で1番ですね。“もう乗らなくていいぞ!”っていう達成感ですけど(笑)。久々の遊園地でしたけど、しばらくは行きたくないです。

――3人とも「絶叫マシンは苦手」と言っていましたが?
末澤:番組スタートのときに宣伝インタビューで苦手な物を聞かれて、「絶叫マシンとお化け屋敷」って答えたら、すぐにこのロケが決まったんです!その人が教えたんじゃないかと、疑ってます。大人はやっぱり信用したくないって思いました(笑)。

――絶叫マシンは好きになりましたか?
3人:なれなかったです。
草間:やっぱり次は、ひらパー兄さんに就任してから来たいです。
末澤:いいこと言った!やっぱりそこは目標やし、就任したら来よう!
小島:その時は、絶叫マシーン乗る?
末澤:必要であれば乗るけど…。
草間:まぁ、就任のときに考えましょう(笑)。


■『なにわからAぇ! 風吹かせます!~なにわイケメン学園×Aぇ! 男塾~』
毎週月曜 深夜0時55分~1時25分放送(関西ローカル)


(C)カンテレ


【関連商品】