倖田來未、声優・蒼井翔太との異色コラボがSNSで話題沸騰

TV 公開日:2019/12/05 15
この記事を
クリップ

デビュー20周年を目前に控えた倖田來未が、12月4日、フジテレビ系列『2019 FNS歌謡祭』に出演。番組では郷ひろみと『GOLDFINGER '99』をコラボレーションした他、大人気声優・蒼井翔太と『愛のうた』を披露した。

倖田來未は今年11月13日に新アルバム『re(CORD)』をリリース。その中には『GOLDFINGER '99』をラテン調にアレンジし、ダンサンブルな楽曲に捉え直した『GOLDFINGER 2019』が収録されている。

これは今年デビュー20周年を迎える倖田が、ともに発売から20周年を迎える『GOLDFINGER '99』を是非ともカバーしたいという思いからで、今回のコラボレーションは念願が叶った形となった。郷ひろみとのコラボレーションは2008年のFNS歌謡祭で『言えないよ』を披露して以来11年ぶりとなる。


本番では煌びやかな青いグリッダーのワンピースを身に纏い、『GOLDFINGER '99』のアチチダンスを華麗に披露。また、郷ひろみと手を取り合いながらダンスする様子はSNSで「倖田來未と郷ひろみ相性良すぎ」「アチチめちゃよかったな・・・」などの声が寄せられた。

さらに、話題となっていたのが大人気声優・蒼井翔太とのコラボレーション。蒼井翔太は以前から倖田來未が憧れの存在であることを公言しており、自身のオーディションでも倖田の楽曲を歌うほどだ。

ステージでは二人による『愛のうた』が披露され、今度は倖田が蒼井の念願を叶える形となった。二人の息のあった伸びやかな歌唱とどこか切ないハーモニーに、SNSでは「蒼井翔太さんと倖田來未さんとのハーモニー綺麗」「途中から涙が止まりませんでした……。コラボ、本当におめでとうございます!」など多くの反響を呼んだ。

そんな倖田來未は今年の12月6日にデビュー20周年を迎える。時代と共にアップデートしていく彼女を今後も目が離せない。






※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)