馬場ふみか×赤楚衛二 “一目惚れ”ってする派?しない派?真逆の恋愛観を明かす

TV 公開日:2019/12/04 32
この記事を
クリップ

現在撮影真っ最中とのことだが、馬場は人気漫画家という役柄ということもあり「実際にペンを使って絵を描く練習をしています。漫画を描いているシーンが多いので、かわいい女の子を描いています」と明かした。自身の絵心については「小学生の頃に入賞したことがあるんです!でも絵心はほぼないです (笑)。漫画を描くペンは触ったこともなかったので、こういう風にペンを傾ければ、こういう線が引けるんだ!ということがわかってきました」と楽しそうに語った。


一方、カリスマ美容師役を演じる赤楚は「自分の通っている美容院に行って接客の仕方を観察して勉強させてもらっています。今は自分の髪はあまり触らないんですが、高校生の頃などはずっと髪を触るのが好きで。毎日授業の休み時間の度に髪を触っていました。懐かしい気持ちもありますね」としみじみ学生時代を振り返ると、馬場も「学校にそういう人いた!いるいる!」とツッコみ、2人は笑い合った。


主人公の華は仕事に夢中になるあまり、彼氏である理一を放置してしまいがち。馬場はそんな華と自身を重ね合わせて「私もその気持ちわかるなと思っていて、忙しくなると既読スルーしちゃうかもしれません」と共感ポイントを語ると、赤楚も「僕も連絡を疎かにしてしまうことがあって、既読ではなくもはや未読スルーしてしまいます。人と繋がっていたくない!と思う時があるから、それくらい一個のとこに集中しちゃう不器用さみたいなところは似ているかな…」と話し、さらに理一と似ていないところを挙げ「女性に対しての対応は僕のほうが下手っぴだと思います(笑)」とはにかんだ。


そんな華と理一の恋のスタートは、理一の一目惚れ。一目惚れの経験の有無について馬場は「したことないですし、しないですね。自分をあけっぴろげにしている人だったら出来るのかなと思うのですが、自分の壁も厚いので、相手のことを知って、ある程度自分がどういう人間かを知ってもらわないと、って思っちゃいます」と自らの性格を分析した。


一方、赤楚は「僕は一目惚れしかしたことはないです。パッと感覚で好きになっちゃいます」と馬場とは真逆の恋愛観を明かし、さらに女性の好きなところは「匂い」と答え、その回答に馬場も驚きの様子。赤楚は続けて「わりと田舎育ちだから匂いには敏感で、匂いフェチっていうのはあると思います、あとは顔ですね!(笑)」と話し、それには馬場も「それはもちろん!大事ですね(笑)」と共感しあっていた。


2人は恋人役ということで、ラブシーンについても「これまであまり恋愛作品をやってきていないのですが、観てくださる方が『あ、こんなことをされたいな、』や『いいな、こういうシチュエーション』と思ってもらえるような機会を作れたら」と意気込むと、赤楚も「僕も一緒で、育児だったり仕事だったり、学校だったりと頑張っている女性の癒しになれるようなお芝居が出来たらと思います」と語った。


【放送情報】

ドラマ特区『ねぇ先生、知らないの?

MBS 12月5日より毎週木曜24時59分~

テレビ神奈川 12月5日より毎週木曜23時00分~

チバテレ 12月6日より毎週金曜24時00分~

テレ玉  12月11日より毎週木曜23時30分~

ほか


2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 13件)