常盤貴子、『男はつらいよ』さくら役に「宝のような時間でした」

TV 公開日:2019/12/02 9
この記事を
クリップ

本日、BSプレミアムドラマ『贋作 男はつらいよ』(2020年1月5日午後10時~、全4回)完成試写会が渋谷・NHK放送センターにて行われ、主人公・車寅次郎を演じる桂雀々、諏訪さくら役の常盤貴子、制作統括の斎藤寛之、内藤愼介が出席した。


本作は、山田洋次監督の国民的映画『男はつらいよ』を、2020年の大阪を舞台に変えてドラマ化。寅さんが現代に蘇り、妹のさくらや、くるまやのおっちゃん、おばちゃんたちと人情話を繰り広げる。


企画を聞いたとき、雀々は「国民誰もが知っている渥美清さんの寅さん。そのイメージを崩してはいけないと思う一方で、自分のキャラクターも立たせなければいけない」と非常に難しいチャレンジだと思ったというが、山田監督が雀々の落語会『桂はつらいよ』を見て「物まねする人はたくさんいるけれど、雰囲気を出せる人はそうはいない」と指名されオファーを受けたという。




一方、倍賞千恵子が演じていたさくら役を引き受けた常盤は「衣装合わせのとき(演出と脚本を務めた)朝原(雄三)監督に『よく受けたね』と言われたんです。私も恐れ多いなと思いました」と正直な胸の内を明かしていたが、芸術家の横尾忠則が自身の作品に上からペイントし、美術界を騒然とさせた事例を引き合いに出し「今回の話を聞いたとき、横尾さんのことを思い出しました。『男はつらいよ』の熱狂的なファンがたくさんいるなか、自ら贋作を作ろうなんて……芸術というのはそうやって進化していくんだとなと。その監督の心意気に乗りたいと思ったんです」とオファーを受けた理由を述べていた。


また常盤は「倍賞さんという女優さんを研究するうえで、さくらを演じることほど素晴らしい機会はないなと思ったんです」と語ると「これだけの名作と言われた『男はつらいよ』ですが、第1作目は大きな不安があったというんです。それを聞いて、どんなことでも心配したり不安がったりしても大丈夫なんだなと自信になりました。宝のような時間でした」と大きな気付きがある貴重な経験だったようだ。


落語家が芝居をするということで「とにかく余裕がなかった」と撮影を振り返っていた雀々だが、常盤は「やればやるほど雀々さんは良くなっていきました」と演技に太鼓判を押すと「シリーズ化も?」という質問に、製作陣が「まだ始まっていないので」と口ごもるなか、常盤は「私たちの用意はあります。夢は大きく持ちたいです」と力強く語っていた。

この記事の画像一覧 (全 12件)