”私、アイドル辞めました” 元AKB48内田眞由美「センターの呪縛が私を変えた」

TV 公開日:2019/11/28 6
この記事を
クリップ

TBSで毎週金曜よる7時から放送している情報バラエティ番組『爆報!THE フライデー』。




明日29日(金)の放送では、人気アイドルグループ・AKB48の元メンバーでセンターを務めたこともある内田眞由美が、アイドルを卒業し、起業家として奮闘している姿を紹介する。

AKB48は、人気作詞家であり番組の企画構成やドラマの脚本なども手掛ける秋元康氏がプロデュースする人気アイドルグループ。2005年、秋葉原を拠点に活動が始まって以降、前田敦子をはじめ大島優子や小嶋陽菜、篠田麻里子など数々の人気アイドルを世に輩出。現在も正規メンバーと研究生を合わせて100人を超えるメンバーが在籍し、多くのファンに支持されている。

そんな超人気アイドルグループ・AKB48で、『ヘビーローテーション』が大ヒットした2010年、19枚目となるシングル『チャンスの順番』でセンターを務めたのが、内田眞由美(当時16歳)だ。しかし、内田はセンターを務めたことである悲劇に巻き込まれ、突如、表舞台から姿を消した。

あれから9年・・・。現在25歳の内田が、アイドルを辞め、なんと5千万円もの借金を抱えているという噂を聞き、『爆報』レギュラーの藤森慎吾が内田へ突撃取材。一体何故、内田は5千万円もの借金をすることになったのか・・・。

2007年、13歳の時にAKB48に入るが、ずっと人気が出ず鳴かず飛ばず状態だったという内田。だが2010年、16歳になった時、武道館で開催された「AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会」で状況が一変する。

当時のAKBグループ全51人が出場したこのじゃんけんトーナメントで見事優勝し、初の選抜入り、そしてメンバーの誰もが憧れるセンターの座を獲得したのだ。

ところが、このセンターポジションを手にしたことが彼女のアイドル人生を狂わせたという。そして、内田はある出来事をきっかけにAKB48から引退することを決意する。

華やかなアイドルの世界と決別した内田はその後、20歳という若さで5千万円もの借金をする。それはいったい何故なのか?新たな道へと彼女を奮い立たせた想いとは・・・。新たな輝きに向けて進む内田眞由美の姿に迫る!


■『爆報!THE フライデー』
11月29日(金)よる7:00~8:00
[出演者]
MC:爆笑問題(太田光・田中裕二)
スペシャルゲストMC:田原俊彦
アシスタント:山本里菜(TBSアナウンサー)
スタジオゲスト:斉藤由貴
出演:テリー伊藤 アンガールズ(山根良顕・田中卓志) 藤森慎吾(オリエンタルラジオ) 友近 フットボールアワー(岩尾望・後藤輝基)


ⒸTBS