黒羽麻璃央&小澤廉 “モテハウス”に大興奮し妄想炸裂「ここらへんのソファーに座って…」

TV 公開日:2019/11/28 13
この記事を
クリップ

俳優の黒羽麻璃央によるロケバラエティ番組『イケてるヤツならアソバナイト』#7が、11月25日夜10時からAbemaTV で放送された。

最終回となった11月25日の放送では、マルチに活躍する人気俳優・小澤廉と、イケてる大人代表・パンツェッタ・ジローラモをゲストに迎え、「大人の嗜みを学ばナイト」と題し“大人の男”になるための身だしなみや振る舞いを学ぶべく、高級テーラーや高級マンション、高級イタリアンなど、高級づくしのロケを敢行。さらに、お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬を先生に迎え、イケてる大人の男らしい“女性の口説き方”を学んだ。

早速一行は、普段からオーダーメイドスーツを着こなすジローラモのような大人の装いを学ぶため、銀座にあるイギリス王室御用達ブランドも扱う仕立て屋へ向かうことに。いざ入店すると飛び込んできたのは、輝くシャンデリア、大理石の床と、見るからに高級そうな店内に一同感嘆の声を上げるなか、ジローラモはすかさず「でも、高級なだけじゃない。高級な2人もいるでしょ」と割って入り、店内で待機していた社長と店長の女性2人への褒め言葉が炸裂。出だしから飛び出した“イケてる”褒め言葉に、メンバーからは早くも、「はぇ~!」「メモメモ」「ついていけないよ」と焦りの声が零れた。その後、黒羽のオーダーがスタートし、29万円の生地や100万円の高級生地が並ぶ中、黒羽は、生産量が少なく希少価値の高い50万円相当の生地をチョイス。裏地やボタンも入れて総額64万円になったスーツに、黒羽はあえなく購入を断念した。


次に一同は、大人の男性から人気だというLA発のシャンプー&ブローの専門店へ向かい、スーツに合うよう身だしなみを整えると、続いて“イケてる大人が一人暮らしをする部屋”を偵察するべく、都内の一等地にある高級マンションを目指した。“イケてる大人”仕様の一室に到着したメンバーは、都内を一望できるリビングからの景色に大興奮。黒羽から「夜の景色見たいですね~ここらへんのソファーに座ってお酒を…」という妄想話が出てしまうほどのラグジュアリーな物件は、なんと月々の賃料が75万円。初期費用だけで300万円もかかると知り一同驚愕の声を上げるが、ジローラモからは「モテハウス!(女の子)みんな緩くなるから」という意味深なコメントが飛び出して...。これには「ひょ、表情が緩くなるってことですね」と小澤が焦ったたようにフォローし、一同の笑いを誘う。

番組ではさらに、“あま~い”セリフでお馴染みの小沢を先生に迎えて“大人な女性の口説き方”を学ぶため、葉巻を楽しむことができるシガーバーへ。そこでメンバーは、様々なアイテムを使って女性を口説けるか、まずはハナコの岡部大と菊田竜大が挑戦するが、緊張で挙動不審になったり、男らしさを見せようと無理をして葉巻を吸ったりなど、失敗ばかり。見かねた小沢は「みんなに言うこと1個だけ。盗めよ…!」と、自らお手本を提案。自信満々の小沢は「今、地球上に何人の人間がいるか知ってる?今ね、77億人いるのよ。77億人全員に会おうと思ったら、1人1秒しか会わなくても、247年かかるのよ。それが俺たち、出会って5分ぐらいたった?奇跡乾杯!」と、持前のあま~いセリフを織り交ぜて乾杯し、気持ちを掴む。さらに、即興で「心理テストしようか。いま(岡部さん、菊田さん、小沢さん)3人来たじゃん?今から3人を、俺がする物語に出してみて」と、相手の緊張をほぐすように心理テストで和ませる小沢の“イケてる大人”だからこそできる心遣いは、メンバーを感心させた。

そして、いよいよ最後はジローラモが挑戦。スタートと同時に、出身地についてや旅行話など、自然な会話を展開し相手の女性はみるみる笑顔に。最終的に「この匂いは好き?」と、自分の首筋の匂いを女性に嗅がせて、その隙に“女性の頬にキス”をするという高等テクニックを披露したジローラモに「え、チュー!?チューした!?」と、現場は騒然!「簡単なジョーク。怪しい気持ちにさせてない」と、あっけらかんと話すジローラモに、さすがの小沢さも「キスってジョークで済まされるの?」と困惑の表情を見せていた。



番組の最後には、スタッフから今回の放送が最終回であることが告げられ、黒羽は「イケてるイケてないは別にして、大人になって久々に遊んだな。色んな地方でやったり、生放送もやったりっていう、無邪気にやりたいことをやらせていただきました。ありがとうございます」と、番組に対する思いを告白。さらにMCを務めるお笑いトリオのハナコは「さみしいな。麻璃央くんと仲良くなれたのがでかいから」「まじで結構好きよ、麻璃央くんのこと!Twitterもチェックしてんだから!」と黒羽愛を語った。3人の名残惜しむ姿を見た黒羽は「みなさんから、『またやって!』という声があれば、スペシャルとか特番で、もっと豪華(な復活もある)かもしれない」と、次回の特番を願い『イケてるヤツならアソバナイト』は幕を閉じた。

ジローラモと小沢から繰り出される“イケてる大人”の振る舞いを、身をもって学んだ今回の放送は「Abemaビデオ」で2020年3月19日まで、無料で視聴可能だ。さらに、これまでの全7回の放送から黒羽&ハナコが選ぶ“ここでしか見られないNo.1思い出シーン”も「Abemaビデオ」限定で公開している。


■AbemaTV 『イケてるヤツならアソバナイト』
#7放送:11月25日(月)夜10時~夜11時30分
放送チャンネル:AbemaSPECIAL2
キャスト:黒羽麻璃央
ゲスト:小澤廉、パンツェッタ・ジローラモ、小沢一敬(スピードワゴン)
MC:ハナコ(岡部大、菊田竜大)
ナレーター:島﨑信長

(C)AbemaTV

放送URL:https://abema.tv/channels/special-plus/slots/AkN7riAu5eSodh


【関連商品】

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)