高畑充希『同期のサクラ』大号泣の第7話が最高視聴率を記録

TV 公開日:2019/11/21 6
この記事を
クリップ

『過保護のカホコ』制作チームが集結し、主演・高畑充希と、脚本家・遊川和彦が再びタッグを組み、現在放送中の日本テレビ系水曜ドラマ『同期のサクラ』。

昨日放送された第7話の視聴率が、これまでの『同期のサクラ』の最高視聴率12.2%を記録したことがわかった。(関東地区・ビデオリサーチ調べ)初回から6話までの視聴率は、8.1%、9.5%、9.3%(野球中継で55分遅れ)、11.5%、11.8%、11.7%であった。(いずれも関東地区)

第7話の内容は、物語が大きく急展開。故郷の島に架かる橋が着工し、直接工事には関われないものの祖父(津嘉山正種)と共に橋を渡るのを、サクラは楽しみにしていた。しかし、島に架かる橋の工事にトラブルが発生し、問題解決のために、サクラは同期たちと、じいちゃんのいる美咲島に向かう。自身にとって最大の夢だった橋の建設。しかし、サクラは、島民たちに「安全ではない橋を作ってはいけない」という決断を伝える。そして最愛の人、祖父を失うという内容であった。

同期5人が集ういつもの「喫茶リクエスト」では、嬉しい報告もあった。入社7年目にして、ようやく1級建築士に合格したことを皆に伝える蓮太郎(岡山天音)は、恋人が出来たことも伝える。その相手とは、意外にも、シングマザーとなっていた火野すみれ(相武紗季)だった。




来週の11月27日(水)は、『ベストアーティスト2019』の放送の為、『同期のサクラ』の放送は休止となり、第8話の放送は12月4日(水)となる。

来週の放送休止を受けて、これまで放送された『同期のサクラ』の全7話が2週間の期間限定で、無料ネット配信されることが緊急発表された。TVer及び、日テレTADA、GYAOでこれまでの全7話がすべて無料配信されている。それぞれ配信期間に違いがあるので、詳しくは公式HPを確認してほしい。

また、Huluでは、オリジナルストーリー「リクエストのミタ」というサイドストーリーも、昨日から配信がスタートした。同期たち5人がいつも集う「喫茶リクエスト」の老女は、実は「家政婦のミタ」にも登場していた家政婦・三田タミだったという。彼女が覗き見る同期たちの知られざる人生とは。

これまで同期4人や先輩を救ってきたサクラ。しかし、故郷に橋を架ける夢とたった一人の肉親である祖父を一度に失い、強い喪失感に襲われたまま社会人8年目を迎えたサクラは、ある日心が限界を迎え出社できなくなってしまう。それ以来1年以上休職し続け、誰にも会わなくなってしまったサクラを、百合(橋本愛)たち同期はなんとか元気付けようと奮闘するが、サクラが会社から解雇される日は近づいていた……。次回の『同期のサクラ』は、12月4日放送。

■日本テレビ系10月期水曜ドラマ「同期のサクラ」
毎週水曜よる10時放送
主演:高畑充希

(C)NTV

この記事の画像一覧 (全 4件)