令和初の「M-1グランプリ」決勝審査員はオール巨人&上沼恵美子&松本人志

TV 公開日:2019/11/20 6
この記事を
クリップ

今年の漫才頂上決戦「M-1グランプリ2019」決勝の放送時間が、12月22日(日)18時34分からABCテレビ・テレビ朝日系全国ネットにて生放送することが決定した。


漫才頂上決戦「M-1グランプリ2019」は、8月1日(木)から<1回戦>を開始し、東京・大阪で開催した<準々決勝>も終了、12月4日(水)に<準決勝>を開催致します。昨年、エントリー数4,640組の頂点に立った史上最年少M-1王者“霜降り明星”に続く、令和初&15代目のM-1チャンピオン、そして賞金1,000万円を手にするのは一体誰になるのか?

さらに、本日<決勝>に臨む10組の漫才を、冷静かつ中立な視点でジャッジする審査員が発表になった。今年も、オール巨人、上沼恵美子、松本人志の3名が務めることが決定。オール巨人は、2007年大会から7回目の審査員になり、上沼恵美子も2007年大会以来7回目の審査員。そして、松本人志は2001年の第1回以来、13回目の審査員になる。





他の審査員につきましては、決まり次第発表される。

令和初の王者は誰が獲得するのか?新しいスタイルの漫才が飛び出すのか?日本を代表するお笑い界の匠がジャッジする熱き一瞬をぜひお見逃しなく。

決勝の司会は、今年も今田耕司と上戸彩のコンビが務めることも決定。2008年大会から8回連続となる。


また、一昨年より実施した、ネタ順を予め決めず、その都度くじを引き、名前の出た組が漫才を披露する「笑神籤(えみくじ)」は今年も採用。誰がいつ登場するかが全く予測不能のため、手に汗握る展開になること必至。昨年は、阿部一二三・井上尚弥・吉田沙保里が務めた出場者の運命を決める「笑神籤プレゼンター」は、現在調整中なので、続報を待ちたい。


M-1グランプリ2019」
放送日時:2019年12月22日(日)よる6時34分~10時00分
ABCテレビ・テレビ朝日系列24局全国ネット生放送
司会:今田耕司、上戸彩
審査員:オール巨人、上沼恵美子、松本人志ほか*他の審査員につきましては、現在調整中。
リポーターなど出演者:調整中
<決勝>進出者:12月4日(水)開催の<準決勝>にて決定
<決勝>ネタ分数:4分

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)