堀内健、医師役でドラマ出演「涙が体の奥からジュンジュワー」

TV 公開日:2019/11/14 6
この記事を
クリップ

TBSの2020年1月クールの金曜ドラマ枠にて放送される伊藤英明主演『病室で念仏を唱えないでください』。先日発表された中谷美紀、ムロツヨシ、松本穂香に加え、物語に更なる深みを与える、個性が光る追加キャストが決定した。


主人公・松本(伊藤英明)を僧医として病院に迎え、他の医師らとの衝突や僧医であることで迷う松本を陰ながら支える理事長・澁沢和歌子(しぶさわ・わかこ)を余貴美子が務める。出演作は枚挙にいとまがなく、またそれぞれで強い印象を残してきた余が、今回は松本に対して優しい顔を見せる一方で、病院経営に関しては理事長としてシビアな面を持つ一筋縄ではいかない人物を演じる。

松本の上司である救命救急センター部長・玉井潤一郎(たまい・じゅんいちろう)には、萩原聖人をキャスティング。玉井は、医師としての腕は確かだが気弱なところがあり、時に無茶なことをしたり、他部門と衝突したりする松本にハラハラさせられている。しかし、患者や周りの人の不安な気持ちを理解できる優しさのある玉井は、柔和な表情が印象深い萩原の新たな当たり役となりそうだ。

そして、松本に時に怪しげな取引をされながらも医療面での協力関係・個人的な友情を育んでいく整形外科医・藍田一平(あいだ・いっぺい)に堀内健が扮する。医師としては優秀だが、インテリ気取りだったり、絶賛婚活中で松本を合コンに無理やり誘ったりとコミカルな部分も多く、堀内が持つ魅力が存分に活かされることとなる。




さらに、松本ら医師のサポートをする病棟クラークで、病棟内の人気者・小山内みゆき(おさない・みゆき)を唐田えりかが担う。第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作の映画『寝ても覚めても』(2018年)でメインキャストを演じ、今年7月クールの金曜ドラマ『凪のお暇』での演技も話題をさらった唐田が、本作でも視聴者の心を掴む輝きを見せる。

その他、病院の清掃員として働き、病院のあらゆる事情に精通した謎の多いおばちゃんを宮崎美子が、松本の幼なじみの父親・宮寺憲次(みやでら・けんじ)を泉谷しげるが、そしてその憲次の娘である宮寺あや(みやでら・あや)を連続テレビ小説『べっぴんさん』(2016年・NHK)でヒロインの友人役を演じ注目された後、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(2019年・NTV)などドラマ・映画の話題作に続けて出演している土村芳が演じ、物語に彩を添える。


<余貴美子 コメント>
こやす珠世先生の原作「病室で念仏を唱えないでください」を読んで、僧侶にして救急医の主人公・松本に会ってみたい! この物語に関わってみたい! と思いました。患者の様々な人間模様、医師の葛藤、病院の事情が共感できて胸にグッとくるものがありました。私も還暦を過ぎ、病院にお世話になることが多く、治療していただいて「あぁ助かった」と思う半面、安心しきれない部分もあります。そんな時松本先生に診てもらいたい。理屈ではなく、目の前の困っている人を助けたいと本能で動く医師たちを見てみたいと思いました。今回は病院の運営にも関わり、主人公を見守る理事長という役割です。原作からうけた熱い思いを大事に、病院の伊藤英明さんはじめメンバーと一緒に物語を作っていきたいと思います。


<萩原聖人 コメント>
個性溢れる共演者の方々を、救命救急センター部長として支えられるような存在になれるよう演じられたらと思います。


<堀内健 コメント>
久しぶりのドラマ出演となり、とてもキンチョーしておりますが、まわりの出演者、スタッフのみなさまの迷惑にならないように、がんばります。準備の台本を読ませていただいたのですが、知らず知らずのうちに涙が体の奥からジュワー あっまちがえた、ジュンジュワーとあふれてまいりました。伊藤英明さん演じる松本照円の「医療」と「仏の教え」を通じてドラマを見てる視聴者のみなさんも心を動かされ知らず知らずのうちに涙が体の奥からジュワー あっまちがえた、ジュンジュワーとあふれてくるでしょう。


■金曜ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』
2020年1月スタート 毎週金曜よる10:00~10:54

(C)TBS



   

この記事の画像一覧 (全 6件)