カジサック&柴田英嗣「こじらせ美女」への鋭い突っ込みに大盛り上がり

TV 公開日:2019/11/12 6
この記事を
クリップ

“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、「こじらせ」美女を題材にした、オリジナル恋愛リアリティーショー『こじらせ森の美女』第2話の放送を11月9日夜11時より放送した。『こじらせ森の美女』は、美女なのに自身の持つさまざまな「こじらせ」が原因でうまく恋愛が出来ない5名の女性を「こじらせ森」から救う男性が現れ、本当の恋が出来るのか?を追う恋愛リアリティーショーだ。

「AbemaTV」初の取り組みとなる、本編とは別でMCにYouTuber「カジサック」こと梶原雄太、ゲストに(恋愛)経験値2万、偏差値2と話す芸人の柴田英嗣の2人を迎え、男性ならではの視点で「こじらせ美女」の恋愛を見守りながらぶっちゃけトークを繰り広げる、「男スタジオ」が公開されている。冒頭にカジサックが「楽しみですね!柴田さんと共演することも新鮮でありがたいことですけども」と話すと柴田は、「今回は、女性だけではなく男のほうもプロファイリングさせてもらうからね」と意気込み、第2話の視聴が始まる。




今回は、男性陣が“特技”を披露するデート回となり、「こじらせ」美女陣は、気になる男性のもとへ赴く。バリスタでもあり、特技を「ラテアート」に選んだダイキの元には、4人の美女が現れる。ダイキから誘われ、2人っきりになった詩音は「5つのこじらせの中で、何が1番嫌だった?」と聞くと、ダイキは「ムズイと思ったのは、元カレ依存美女。」ときっぱり伝える。その様子を見て柴田は「保険は1個かけておかないと!それ選ぶけど、例え詩音がそうだったとしても・・みたいな。そういうのやっておかないとダメなんだよ!」と話し、続けて、「モテちゃってるからさ・・男も。アフターケアしてないのよ。潰れる店の典型だよ!(笑)」と鋭く突っ込み、カジサックは「さすがや~!」と恋愛経験値2万と話す柴田から飛び出すコメントに、脱帽の様子を浮かべていた。

書道家でもある男性人気の大ちゃんのもとには、5人全員の美女たちが。全員で好きな文字を習字で書き、大ちゃんが添削をする。「こんなに来てくれてびっくりした!」と述べる大ちゃんに、想いを寄せるみさみさは、手を挙げて「私は話したかったから」と積極的にアピールするが、初対面から一途に詩音に想いを寄せる大ちゃんはどこか素っ気ないリアクションをする。そんな様子を見てすかさず柴田は「みさみさちょっと出過ぎだって!」と話しつつ、「大ちゃんもテンションあげてほしいのよ、皆に回してほしいのよ」と話すと、カジサックも「代官様!おっしゃる通りですわ!」と話し、「俺たちだったら、まじで!?って言いますもんね。これが必要なのよ!他(の女性)もちょうだいよ!って言えるじゃん!」と芸人ならではの場数を踏んできた経験から、男性のリアクションに対し、オーバーリアクションを取るよう提言。

歯に衣着せぬ鋭い突っ込みの数々に、スタジオは大盛り上がりしていた。そんな、カジサックと柴田がキラースマイルの肉食系イケメンに物申す様子は「AbemaTV」公式YouTube上に公開されている。是非ご覧あれ。


■『こじらせ森の美女』
放送日程:毎週土曜よる11時~
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

(C)AbemaTV




【関連商品】

   

この記事の画像一覧 (全 6件)