磯村勇斗、吉田羊のアドバイスで「無事バナナと向き合う事が出来ました」

TV 公開日:2019/11/12 7
この記事を
クリップ

阿部寛主演、火9ドラマ『まだ結婚できない男』(カンテレ・フジテレビ系)。今夜9時放送の第6話は、主人公・桑野(阿部寛)に振り回される、弁護士のまどか(吉田羊)のいとこ・矢野亮介(磯村勇斗)が登場する。

まどかに憧れて弁護士を目指し、司法試験合格に向けて頑張っているという設定で、まどかの事務所の手伝いのために上京してきたが、実はその裏で、まどかに恋人がいるのか確かめてほしいと、まどかの母の密命を受けていた。果たして、亮介はまどかと桑野の関係を見て、どうするのか?…という物語。




磯村に出演した感想を尋ねると「阿部さんは撮影の合間に気さくに話しかけてくださり、和やかな雰囲気を作ってくださいました。お二人とも優しく亮介を迎え入れて下さって、現場を楽しむ事が出来ました。また、亮介が突然バナナを食べるシーンで、僕が悩んでいたら“自分の気持ちを大切にしていいからね”と吉田さんがアドバイスをくださって、無事バナナと向き合う事が出来ました。短い時間ですが、阿部寛さん、吉田羊さんとご一緒させて頂けた事に感謝です。第6話で登場する、矢野亮介は、桑野さんとまどか姉の関係を深める役割でもあるので、お二人の言動に注目しつつ、距離感を楽しんで頂けたらと思います」とコメントした。

亮介の登場により、桑野とまどかの関係にどんな変化が訪れるのか?注目が集まる。


(C)カンテレ

この記事の画像一覧 (全 7件)