『おっさんずラブ-in the sky-』吉田鋼太郎の“乙女すぎる”演技に反響の声

TV 公開日:2019/11/10 5
この記事を
クリップ

俳優の田中圭が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』の第2話が9日23時15分~より放送され、黒澤キャプテン(吉田鋼太郎)の春田(田中圭)への恋心が「乙女すぎる」と話題になっている。(以下第2話ネタバレあり)





第1話で、黒澤は春田から「月が綺麗ですね」と言われたことから、春田のことを意識し始める。それ以来、黒澤は春田のことで頭がいっぱいに。


春田の名前をスマホで思わず検索したり、春田のことを考え胸が高鳴るようになったり、ふいに涙まで出たりするように。「なんだ?この感情は?一体なんなんだ?もしかして…春田のことが、いや、違う…。俺には家族がいるし、そもそも春田くんは…男だ。苦しい」と思い悩みながら歩いていると、偶然春田とぶつかり、黒澤はよろけて転倒しそうになる。

しかし、そのタイミングで春田が黒澤を王子様のように抱きかかえる。黒澤はそのハプニングに乙女のように胸をときめかせ、春田への想いをよりつのらせるのであった。


また、黒澤は「ふとした瞬間にみぞおちのあたりがキュンと締め付けられる…」と医務室を訪れる。「何かの病気ではないですか?」と黒澤が医師に尋ねると「血圧も脈拍も正常ですし、大丈夫です。あえて病名をつけるとするならば…恋の病ですね」と言われてしまい、黒澤は「こ、恋だと…!?黒澤武蔵、恋をしているのか?」と春田への想いをさらに自覚するのであった。


そんな黒澤キャプテンの春田への恋心が丁寧に描かれ、“恋の病”にかかっていく様子に、ファンからは「気持ちがわかりすぎる」「黒澤キャプテン、乙女すぎる…!」と反響の声が相次いでいる。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 30件)