木下優樹菜「自己中」ゆりやん「きもっ!」 “こじらせ女子”へのアプローチに激震

TV 公開日:2019/11/06 5
この記事を
クリップ

“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、「こじらせ」美女を題材にした、オリジナル恋愛リアリティーショー『こじらせ森の美女』の初回放送を11月2日夜11時より放送した。『こじらせ森の美女』は、美女なのに自身の持つさまざまな「こじらせ」が原因でうまく恋愛が出来ない5人の女性を「こじらせ森」から救う男性が現れ、本当の恋が出来るのか?を追う恋愛リアリティーショーだ。スタジオMCとして見守るのは、木下優樹菜ゆりやんレトリィバァ、ゲストには鈴木紗理奈島袋聖南を迎え、女性ならではの視点で「こじらせ美女」の恋愛の行方を見守る。

2日の初回放送では、「こじらせ美女」の絵梨佳、なりみ、詩音、那夏、光沙子が登場し、4人のイケメン男性と初めて顔を合わせ、その後第一印象での男性からのアピールと、グループデートを行った。顔合わせ後、男性陣には、今回参加する女性たちが「元カレ依存美女」「束縛美女」「プライドエベレスト美女」「夢見がち妄想美女」「私モテます美女」の5種類のうちいずれかの「こじらせ」を持っていることが伝えられる。予想以上に癖の強い「こじらせ」に対し、男性陣は、「耐えられない」「このこじらせはちょっと無理・・」と困惑した様子を浮かべる。誰がどの「こじらせ」を持っているかは明かされないまま、男性陣は誰がどの「こじらせ美女」なのかを推理しつつ、第一印象決めやデートの時間を過ごした。




そんな中、スタジオでは、「夢見がち妄想美女」に対し、島袋は、「女子は8割、9割そうなんじゃない?」と話すと、鈴木も「王子様が迎えに来ると思っているよね」と同調し、木下、ゆりやんも含めスタジオ全員が賛同し、盛り上がりを見せていた。また、木下が「周りにこじらせている女子はいますか?」と質問すると、鈴木は「美女のほうがこじらせるよね、可愛いから努力しなくても男の人が来るし」と話し、ゆりやんは「女芸人は何とか顔を補うために、何かしないとダメなんですけど、綺麗な人って工夫がないんですよ、結局ひがんでるんかもしれませんが・・・」と笑いながら「こじらせ女子」の意外な特徴を語っていた。

顔合わせ後、男性から第一印象で気になった女性を誘う。光沙子は、第一印象で唯一興味のなかったカンくんから誘われ、他の男性とも話してみたい旨をやんわり伝えると、カンくんは「そう考えないように、頑張ったら僕だけ見てくれます?ダメですか?」と手を握りながら顔を近づける。続けて「愛はタイミングですよね、逃したくないです」と光沙子の気持ちとは反対に想いが強くなるカンくんに、困った様子を浮かべる。

そんな女性の気持ちを考慮せず、初対面からグイグイ気持ちを伝えるカンの様子を見てゆりやんは「きもっ!」とズバリ一言。木下も「これはね・・・自己中」とコメントし、スタジオから「これは嫌だ~!」という非難の声が上がり、激震が走っていた。その後、女性陣で話し合った2組に分かれグループデートを行う。第一印象で4人の女性から名前が挙がった男性人気の大ちゃんは、絵梨佳や光沙子と話しつつも、初対面から変わらず詩音に気持ちを寄せる。そして、詩音のこじらせを「プライドエベレストかなと思っていたんですが、半信半疑で、よく分からなくなってきています」と話すと、木下は「絶対違う!プライドじゃない!」と話し、男女の「こじらせ」の見極め方の違いが顕著に出ている様子であった。

最後に、占い師・イヴルルド遥華の占いで、女性陣に相性が良い男性メンバーがそれぞれ言い渡される。意外な占い結果が恋の行方にどう左右するのか?こじらせ美女たちの恋愛の行方に注目だ。

なお、放送終了後より本編とは別でMCにYouTuber「カジサック」こと梶原雄太、ゲストに(恋愛)経験値2万、偏差値2と話す芸人の柴田英嗣の2人を迎え、男性ならではの視点で「こじらせ美女」の恋愛を見守りながらぶっちゃけトークを繰り広げる、「男スタジオ」が公開されている。カジサックと柴田の女性のタイプや、男性から見た「こじらせ」の見極め方法など、男性ならではの視点で繰り広げられるテンポの良いトークに、学びながらも思わず笑ってしまうような濃い内容となっている。こちらも本編と併せてぜひ楽しんでほしい。


■『こじらせ森の美女
放送日程:毎週土曜日 よる11時~
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

(C)AbemaTV




【関連商品】

   

この記事の画像一覧 (全 16件)