『同期のサクラ』頬に貼られた「大変よくできました」シールの意味とは?

TV 公開日:2019/11/06 6
この記事を
クリップ

過保護のカホコ』制作チームが集結し、主演・高畑充希と、脚本家・遊川和彦が再びタッグを組み、現在放送中の日本テレビ系水曜ドラマ『同期のサクラ』。

今夜放送の第5話の舞台は、サクラたちが入社5年後の2013年が舞台。都市開発部の若きエースとして活躍する葵(新田真剣佑)は、自身が担当するベイサイドエリアの開発プロジェクトが、国の予算の都合で急遽凍結されるというトラブルが発生する。上司からは、お前にできることは「国交省の父親に頼むことだ!」と実力ではなくコネを当てにされ、複雑な気持ちを抱く。花村建設の社長を目指していた葵は、家庭では落ちこぼれ扱いされ、上司からは蔑まれ、同期からも突き放されてしまう。




第5話では「大変よくできました」シールが、ドラマのカギを握るアイテムとして登場する。このシールはサクラの先輩であるすみれ(相武紗季)が、自身の娘が全く勉強をしない為に、やる気を出させる為に使用しているもの。たまたま、会社にこのシールを持ってきていたすみれが、いつものように遅刻してきたサクラ(高畑充希)の頬に貼る。「あなたにもあげるから、もう言うことを聞いて、問題起こさないでくれる?」

小学生にとっては、とても身近な「たいへんよくできました」や「もっと頑張りましょう」のシール。大人になってからは、なかなか目にする機会も非常に少なくなるが、子供たちにとっては「やる気」を出させる魔法のシールでもある。

劣等感と疎外感を感じ、完全に精気を失った葵に対して、サクラが取る行動とは果たして。葵の頬に貼られた、この「たいへんよくできました」の桜の形をしたシールの意味とは?『同期のサクラ』第5話は、今夜10時から放送。


■日本テレビ系10月期新水曜ドラマ『同期のサクラ
放送枠:2019年毎週水曜よる10時放送
主演:高畑充希


(C)日本テレビ




【関連商品】

   

   


この記事の画像一覧 (全 3件)