国仲涼子が中谷美紀に反発!?副社長役で『ハル』出演

TV 公開日:2019/11/04 8
この記事を
クリップ

中谷美紀主演ドラマ『ハル ~総合商社の女~』第5、6話のゲストが解禁となり、野間口徹(第5話)、国仲涼子(第6話)、黒川智花(第6話)が登場することが発表された。

テレビ東京では 2018年4月から、“働く人々”を通して現代社会を描くドラマ枠「ドラマ Biz」(毎週月曜夜10時)を放送。第7弾となる2019年10月クールの作品として、『ハル ~総合商社の女~』が放送中だ。

11月18日放送の第5話では、経営企画部に、ベトナムに進出する五木鉄鋼の名を現地で広く認知させて欲しいという命が下る。矢島智明(渡辺邦斗)は著名人とのスポンサー契約を提案。賛同した海原晴(中谷美紀)は話題のベトナム人天才女流棋士グェン・ランを候補に挙げる。そのベトナム人天才女流棋士グェン・ランの代理人・寺尾紀之役を野間口徹が演じる。

また、11月25日放送の第6話では、重役会議で、経営難に陥っているアパレル会社「ファンソフィー」を売却すべきとの判断が下る。高山雄一郎(奥田瑛二)から急ぎ売却の方向で動くよう指示された和田寿史(藤木直人)が、会議で海原晴(中谷美紀)に意見を聞くと「確かに厳しい数字」と意外な反応。晴は経営方針を確認するため副社長の久保田英里子を訪問するが、簡単にブランドイメージは変えられないと反発を受ける。

その経営難に陥っているアパレル会社「ファンソフィー」副社長・久保田英里子役に国仲涼子、五木商事より出向中のファンソフィー商品開発部主任・上原麻美役に黒川智花が決定している。




ドラマ『ハル ~総合商社の女~』は、大手総合商社に勤めるシングルマザー・海原晴(中谷美紀)が一般常識にとらわれることなく、経営企画部・部長補佐として膨大な各部門や系列会社の諸問題を解決するために奮闘する姿を描く。第1話でのラーメンチェーン店の再建や、第2話はシンガポール支店とタッグを組んで大規模な医療買収に着手し、第3話では関連会社の敵対的買収の阻止に挑むなど、意外に知られていない商社の実態をひもといてきた本作。時には晴がトップダウンすら覆し、思いもよらない方法で解決への道を切り開いていく爽快ヒューマンドラマ。

本作はプロデューサーを務める栗原美和子(共同テレビ)の実体験から生まれたオリジナルの企画であり、そのリアリティは折紙つき。脚本には『ピュア』『バージンロード』等の名作を手掛けた龍居由佳里氏を起用し、栗原と息の合ったコンビが復活。演出は最近作『スーツ』でもスマッシュヒットを放った名手・土方政人が担当している。



▼ドラマ『ハル ~総合商社の女~』ってこんなドラマ!あわせて読みたいおすすめ記事


中谷美紀&藤木直人 恋が再燃?コンビ復活で関係気になる新ドラマ


中谷美紀主演『ハル』が実は男前祭り、スカッとほろっと元気が出る


■ドラマBiz「ハル ~総合商社の女~」
放送時期:毎週月曜 夜10時
放送局:テレビ東京系(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ) BSテレ東 毎週金曜夜9時
出演:中谷美紀 藤木直人 白洲迅 / 忍成修吾 山中崇 加治将樹 渡辺邦斗 寺田心 / 奥田瑛二
第3話ゲスト:長谷川朝晴 松澤一之


(C)テレビ東京

この記事の画像一覧 (全 4件)