バチェラー3「正直、めちゃくちゃ悩みました」#友永構文

TV 公開日:2019/11/01 9
この記事を
クリップ

3位「僕はいま恵さんが良いと思ってるのにっ!」(エピソード9)

岩間恵、野原遥、水田あゆみがバチェラー実家へ訪問。父母兄にそれぞれ3人を引き合わせ、「正直な意見が聞きたい」と前置きした上で、誰が結婚相手としてふさわしいか家族に質問したバチェラー。全員が「(水田)あゆみさん」と答えると「俺は自分の結婚相手を家族のために決めるっていうのはサラサラない」と勝手に憤慨し始める。立て続けに「俺は結婚したい人とするしっ!」と怒りが収まらない様子。これには家族一同「どうぞどうぞ~」と、「まるでダチョウ倶…」を彷彿とさせる対応。「自分から聞いといて…?」と視聴者全員が思ったことだろう。最終的に「僕はいま恵さんがいいと思っているのにっ!」が飛び出し、「しんや、言っちゃったよ」の視聴者総ツッコみが入ることとなった。




~番外編~

「食の好みなんてどーでもいい」「神戸とかどーでもいい」(エピソード10)

岩間恵が好きすぎるあまり、飛び出した言葉たち。当初、“俺に合わせて欲しい”スタンスを貫いていたバチェラー。結婚後も神戸で暮らすことにこだわっていたはずだったが…。


「しんや語録」を振り返るほどに、当初、彼がバチェラー・ジャパンに参加した理由について語った言葉が鮮明に思い出される。


「なぜ、今まで結婚してこなかったっていうと、自分のタイプの人たちばっかりと付き合ってきました。直観で決めてきたんですよ。で、結局結婚はしてきてないんですね。僕の本当のタイプはそこじゃなかったんじゃないかなっていうのはすごく思っている。バチェラー・ジャパンで、想像できなかった人達と出会えるのかなって…」


彼は教えてくれた。やはり、人間の根本は変わらないんだということを。指原莉乃ではないが「シーズン4はよ」。



あわせて読みたい『4夜連続 バチェラー3ファイナルへ 女たちの戦い』 

第一夜「有力候補は“愛されナチュラルボーン”」

https://news.dwango.jp/tv/42363-1910

第二夜「誇り高きクイーン、“ギャップ萌え”で妻の座ゲットか」

https://news.dwango.jp/tv/42385-1910

第三夜「実は一番の脅威?天性の“人たらし”が虎視眈々」

https://news.dwango.jp/tv/42431-1910

第四夜「“鬼メンタル”ぶりっ子マザーが教えてくれたこと」

https://news.dwango.jp/tv/42467-1910


『バチェラー・ジャパン』シーズン 3
バチェラー:友永真也
司会進行役:坂東工
スタジオトーク出演:今田耕司、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、指原莉乃
製作:Amazon
(C)2019 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 33件)