伊藤英明 僧侶兼医師役でドラマ主演、共演に中谷美紀・ムロツヨシ・松本穂香

TV 公開日:2019/10/31 4
この記事を
クリップ

TBSでは、2020年1月クールの金曜ドラマ枠にて『病室で念仏を唱えないでください』を放送する。

ビッグコミック増刊号で現在も連載中の『病室で念仏を唱えないでください』(小学館ビッグコミックス・既刊5巻)を原作とした本作は、僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円(まつもと・しょうえん)の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う一話完結形式の医療ヒューマンドラマだ。




松本は、幼少期に目の前でおぼれている幼馴染を救えなかったことから仏門に入り、さらに大切な人の死を前にして命を救いたいという思いから医者を志した。病院では救命救急医として医療に従事しながら、霊安室での枕経や、終末期の患者の心のケアといった僧侶としての仕事も兼任しているため、法衣のまま救急センターに運びこまれた患者の処置にあたることもあり、時に患者に「自分が亡くなってしまったのでは?」と勘違いさせるなど騒動を起こしてしまうことも。

また、何かにつけて念仏を唱えたり説法をしたりすることで、患者だけではなく同僚からも煙たがられてしまうが、本人は医師としても、僧侶としても明るく真面目に取り組んでいる。その一方で、美人に気をとられるなどの煩悩たっぷりな一面もあり、周囲の仲間からあきれられることもある。

このドラマでは、救命救急センター内での他の医師とのチームプレーはもちろんのこと、患者を救うため専門分野を持つ医師と手を組む必要があり、その専門医たちとの激しいやりとりも描かれる。中には心臓外科など、救急を「面倒なことを押し付ける厄介な存在」と捉えている部門もあり、そこに所属する医師と松本との“救命医VS専門医“の対決は、これまでの医療ドラマではあまり描かれなかった新たな視点となっている。

「医師」として命をどう救うのか、「僧」として死をどう看取るのか。さらに、患者の家族までをも支えようとする松本が、悩みを抱えながらも医師として、僧として、人として成長していく姿を通じ、「生きる」とは、「死ぬ」とは何なのかを、もう一度考えるきっかけを与えるドラマになっている。

主人公・松本照円を演じるのは、2007年4月クールの『孤独の賭け~愛しき人よ~』以来、12年ぶりとなるTBSドラマ主演を果たす伊藤英明。『海猿』シリーズや映画『悪の教典』などで強烈な印象を残しながら、2020年にはジャン・レノらとの共演作でハリウッドデビューも決まるなどさらなる活躍が期待される中で、待望のドラマ主演となる。僧侶役は初めてであり、見た目も含めてどのように松本照円という役を作っていくのかに注目いただきたい。

その松本と同じ救命救急センターの医師で、松本とは意見が異なる部分がありつつも、お互いの実力を認め協力しあう女医・三宅涼子(みやけ・りょうこ)に、中谷美紀が扮する。ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍し、同じ金曜ドラマの『あなたには帰る家がある』(2018年4月クール)での主演も記憶に新しい中谷が、医者として有能な上に美人なのに、少し抜けたおちゃめな部分もある役で、シリアスとコメディの2つの顔を表現する。

そして、松本と度々衝突する心臓血管外科医・濱田達哉(はまだ・たつや)をムロツヨシが務める。多数の作品に出演し、それらで演じたコミカルな役のイメージが強いムロが、昨年10月クール放送の金曜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』でのラブロマンスへの出演が話題になったのに続き、本作ではメディアからも注目される超のつくエリート医師を演じ、またしても新たな面を見せる。

その濱田の下で働く新人心臓血管外科医・児嶋眞白(こじま・ましろ)を松本穂香が担う。昨年7月クールの日曜劇場『この世界の片隅に』の主役をオーディションで射止め、その後は来年公開の「みをつくし料理帖」などの映画への主演が続く松本が、プレッシャーに弱く濱田に役立たず扱いされながらもひたむきに医療に向き合う新人心臓外科医をフレッシュに演じる。

なお、伊藤(1975年8月生まれ)、中谷(1976年1月生まれ)、ムロ(1976年1月生まれ)の3人は同級生であり、この3人のドラマでの共演は初めてとなる。

「生と死」という重いテーマを扱いながら、僧侶であり医師でもあるという珍しい主人公の設定から巻き起こる騒動や、個々の登場人物の性格や、やりとりで発生するコミカルな要素も楽しめる本作。今回発表した4人以外にも豪華な出演陣が決定している。来年1月スタートの『病室で念仏を唱えないでください』に注目だ。


<主演・伊藤英明 コメント>
Q.原作を読んでの感想

漫画が原作ということで、現実には起こり得ないファンタジックな世界観で描かれているのかと思いきや、この作品には奇跡を起こす様なスーパードクターも、霊が見えるような僧侶も登場せず、ただ患者に寄り添い生きていく、また、死んでいく手助けとして、得度した医師という存在に何が出来るのかと日々葛藤する姿に、今そこで起こっているかのような現実味を感じ、大変興味をそそられました。

Q.僧医という、珍しい役どころについて
この作品を手に取る前まで、医師という職業は「生」に近く、僧侶という職業は「死」に近い印象でした。けれど、原作を読み進めていくうち、医師も日々死に向き合い、僧侶もまた生に向き合い、もしかすると表裏一体をなすものなのかも知れないと感じているところです。

Q.『孤独の賭け~愛しき人よ~』以来12年(12年9か月)ぶりのTBSドラマでの主演について
『孤独の賭け愛しき人よ?』のキャッチコピーは「俺たちは、金と欲でつながっている。」でした。しかし、今回の作品は金と欲を煩悩とし、視聴者に死生観を問うような作品です。12年の時を経て、まるで真逆の役柄を演じられることに俳優という職種の面白味を感じています。

Q.共演者の印象について
中谷さんは一度テレビで拝見した自筆がとても素晴らしく、知的な印象が今回の三宅役にぴったりなんじゃないかと感じています。ムロさんは、コミカルなものからシリアスなものまで、とても幅広い役柄を演じられており、今作では主人公・松本のライバル役ということで、対峙を楽しみにしています。松本さんは、中谷さんやムロさんなどベテラン勢の中、瑞々しい存在で現場を盛り上げてくれると思っています。また中谷さん、ムロさんは偶然にも自分と同い年ということで、同僚という関係性を視聴者の方によりリアルに感じてもらえるのではと期待しています。

Q.ドラマへの意気込み
ありそうでなかった、医師で僧侶という役柄。患者の身体を医師の立場で、そして患者の心を僧侶の立場で救いたいという願いを持ち、またその中で自らの生き方をも模索する、そんな「生きる」ということに一生懸命な人間を観てもらえれば、と思っています。

<中谷美紀 コメント>
Q.原作を読んでの感想

個人的に無宗教を貫いているため、仏法を振りかざす救命医など鬱陶しいと思いながら読み始めましたが、松本という医師でもあり僧侶でもある人間が、わかったようなことを言いながらも、女性の水着姿に興奮したり、般若湯をあおるような煩悩の塊であり、人の心を救うべく仏の道を説いて見せるも独りよがりだったり、見当違いだったりするあたりが人間臭くて好きでした。
三宅は、仏法を逆手に取って生臭坊主松本を揶揄しつつも、患者の命を救うという同じ志を持つ者として、信頼関係を育んでいくのだと思います。

Q.共演者の印象について
救命の現場においては伊藤英明さんにお任せしておけば何とかしてくれそうな、漢と書いて「おとこ」と読むに相応しい印象がありますが、松本の生真面目さと不完全さをどのように演じ分けて下さるのか楽しみです。硬軟自在に演じ分けるムロツヨシさんが自意識過剰で鼻持ちならない心臓外科医のお役をなさるとのこと、物語の奥行きが増しておもしろくなりそうな予感がしています。松本穂香さんの今の年齢でしか表現できない汚れのない存在感で、瀕死の人々を扱う血生臭い場面にすら清らかな空気をもたらしていただけるのではないでしょうか。

Q.ドラマへの意気込み
肉体の救命と、魂の救済が本当に両立できるなら素晴らしいことだとは思いますが、簡単にはできないからこそ、松本がもがく姿を人は見守りたいと思えるのではないでしょうか。肉体的にも精神的にも決して楽ではない救命医になることを選んだ三宅という芯のある女性の生き様を全うしたいと思います。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)