杉咲花 来秋スタートの朝ドラヒロインに決定、念願の大役に「やったぁ!」

TV 公開日:2019/10/30 16
この記事を
クリップ

NHKは30日、2020年度後期連続テレビ小説のヒロインに女優・杉咲花を起用したことを発表した。朝ドラ103作品目は“大阪のお母さん”として親しまれた喜劇女優の浪花千栄子さんをモデルとした物語で、タイトルは『おちょやん』。脚本は『半沢直樹』『陸王』『下町ロケット』(ともにTBS)、『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日)などを手がけてきた八津弘幸氏が担当する。




浪花千栄さんは戦前、「松竹新喜劇」の前身である「松竹家庭劇」に参加し、ドラマや映画で活躍した実在の人物。大正から昭和の戦後まで、上方のコメディエンヌとして活躍した女優の波乱万丈の半生にスポットを当てる。

制作統括の櫻井壮一氏は、企画段階からヒロインを演じる女優に「高い演技力」を求めており、「この年代では演技力が突出。チャーミングさと力強さを兼ね備えた稀有な方」として杉咲の起用を決めたという。

杉咲が朝ドラに出演するのは『とと姉ちゃん』(ヒロイン:高畑充希、2016年後期)以来、2度目。これまで3回ほどヒロインオーデションに参加しており、念願の大役となった杉咲は「喜びと驚きが大きかった。『やったぁ!』って思った」とにっこり。「光栄に思っている。明るくてパワーがもらえる作品になるよう、一生懸命頑張る」と意気込んだ。

『とと姉ちゃん』の撮影時、「これだけ長い期間スタッフと共演者の皆さんとご一緒できることはないと感じた。高畑さんほどではないですがセリフの量が多くて苦戦することも多かった。朝ドラは大変な作品」と大変さを実感しつつ、「それ以上に楽しさを感じた。とにかく楽しい時間を過ごしたい」と杉咲。大阪弁の習得も必須となるが「今から勉強して頑張ってマスターしないといけない」と語った。

脚本の八津氏は「歴史ある朝ドラのプレッシャーで毎日ビクビクしながら書いている。恐怖です」と素直な心境を吐露。「どうせやるなら爪痕を残したい」として未来都市の話を提案したというが「朝ドラの60年の歴史の壁に脆くも打ち砕かれた」と苦笑い。杉咲に対しては「全幅の信頼」を寄せており、「杉咲さんの明るいチャーミングな話し方をイメージして書いています」とした。

朝ドラは現在、戸田恵梨香がヒロインを務める『スカーレット』が放送中。2020年前期には窪田正孝、二階堂ふみが夫婦役を演じる『エール』が控える。杉咲がヒロインを演じる『おちょやん』は来秋に放送スタート。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 16件)

関連タグ