山本耕史、松本まりかに脱がされ甘いささやきでメロメロに!?

TV 公開日:2019/10/31 25
この記事を
クリップ

妖艶・可憐・壮絶!?…な女たちを演じるゲスト女優たちが続々決定。山本耕史が演じるバーテンダーをゲスト女優たちが口説く即興恋愛ドラマ『抱かれたい12人の女たち』。第4話に登場した筧美和子は、100 人斬りをする女性を演じて山本を 100 人目に選んで誘惑し、第5話に登場した中村ゆりかは、彼氏を殺してきた女性を演じて「そばにいて欲しい」と口説きに掛かった。


毎回女性ゲストたちが考える設定と力演に山本が機転を利かせてどう返すのか目が離せない作品になっている。今回、新たなゲストで第6話に松本まりか、第7話に岡本玲、第8話に三浦理恵子、第9話に佐藤江梨子が決定。以下コメントも寄せられた。女優たちの趣向を凝らした競演を、引き続きお楽しみに。




#6登場<松本まりかコメント>
オファーが来た時はやりますって言っちゃったんですけど、後から後悔しました。(笑)自分の中に引き出しがないと難しいし自分自身が丸裸になることだから、興味はあるけど怖かったですね。今回、私はキャラクター設定を「ダサくて残念な女」にしたかったんです。素敵な女優さんはたくさん出てくるので、逆に私は抱きたいって全然思えないのに抱いて欲しいって思っている女性を選びました。でも、なかなかな女性でしたよね。(笑) 今までは悪女を演じることが多かったのですが、そうではなくて今度は男性が引いてしまう女性。これはさすがに男性も手を出さないだろうっていう女性をやってみたかったんです。私が思う即興劇の醍醐味は、考えて出るものではなくて素の部分が出てしまうこと。頭の中で考えうることから外れてしまった瞬間がすごく面白いと思います。特にそれが、お芝居の中で山本さんとお互いに出てしまったのはある意味成功なのかな?(笑)2 人とも素で脱線してしまい、そこから想定外の展開になっていくところが、私の回での見どころだと思います。危機が面白みになるというか、誰も予想の付かないセリフがたくさん出てきます。(笑)私も心を本当に素直に動かされましたし、ちょっと良い奇跡がいくつも重なった回になったんじゃないかなと思います。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 9件)