紅白司会者意気込み、綾瀬はるか“チームUSA”と命名

TV 公開日:2019/10/28 20
この記事を
クリップ

「第70回NHK紅白歌合戦」(12月31日19:15〜、総合テレビ・BS4K・BS8K・ラジオ第1)の司会者取材会が28日、東京・渋谷の同局内で行われ、総合司会の内村光良、紅組司会の綾瀬はるか、白組司会の櫻井翔が出席した。

今年の紅白歌合戦に対する思いを尋ねられると、櫻井は「昨年は平成最後の、そして今年は令和最初と2年連続で大役を仰せつかることになりまして、身の引き締まる思いです」と吐露し、「去年もご一緒しました内村さんと、以前もご一緒している綾瀬さんと、明るく楽しく、そして華やかな、令和1発目の紅白歌合戦を盛り上げられるよう、精一杯努めていきたいと思います」と意気込みを語った。




また、4年ぶりに紅組の司会を務める綾瀬は「今年もアーティストの皆さんに気持ちよく歌を歌ってもらえるように努めたいのと、私自身が楽しんで、歌の素晴らしさや感動などを大晦日のお茶の間に届けたいと思います」と力を込め、「素晴らしい皆さんにサポートしてもらいながら(笑)、頑張りたいと思います」と笑顔を見せた。

3年連続で総合司会を務める内村は「先ほどの(個別)取材で、『3人のユニット名はなんですか?』って聞かれたときに、綾瀬はるかちゃんが『チームUSAです』と名付けました。チームUSAとして頑張っていきたいと思います。プラス和久田(麻由子)さんと4人で印象に残るような紅白をみんなと一緒に、そして歌手の皆さんを盛り上げていきたいなと思います」と語り、チームUSAの由来を追求されると、綾瀬は「ただイニシャルの頭文字を繋げただけです」と説明。これに櫻井は、最初に綾瀬が「UTAで歌だ!」って言っていたことを明かし「櫻井翔、どっちもSだから(笑)。でもUSAいいじゃないですか。見事な頭文字」と突っ込みつつ絶賛した。

さらに、この3人の組み合わせについて内村は「櫻井くんには去年助けられまして、私がサザンで夢中になっているときにですね、櫻井くんはそっと私の背中を押して『カメラ来てますよ』って言ってくれて、こっち(櫻井)が総合じゃねえかと(笑)」と櫻井に感謝し、「はるかちゃんとは『LIFE!』以来で久しぶりなんですけど、本番中に『綾瀬!』って言いたいですね」とニッコリ。これに綾瀬は「いやいや、しっかりサポートさせていただきます」と胸を張ったが、内村は「いやっ、言いたいです(笑)。NHKなんで!」と語った。

また、綾瀬が司会を務めた過去2回の勝敗は紅組の1勝1敗だそうで、綾瀬は「勝敗はわからないので、私はアーティストの皆さんに全力のパフォーマンスをしていただけるよう、影武者のように頑張りたいと思います」と語ったが、昨年、勝利を勝ち取った櫻井は「去年、初めて1人で務めるにあたって、その1年前に二宮(和也)から優勝旗を持ったときの嬉しさと、旗の重量ではなく歴史の重みを聞いていて、そんなに勝敗にこだわっていたつもりはないんですけど嬉しかったですよね。だから、もちろん楽しく紅組の綾瀬さんと進行していくつもりですけど、結果にはこだわりにいきたいですね」と闘志を燃やした。

改めて、3年連続で総合司会を務める心境を聞かれた内村は「このまま総合司会が続いてしまうと、私、いずれNHKの局員になってしまう気がしますので…」とコメントして笑いを誘い、「去年の打ち上げで言ったんですけど、本当は白組の司会がやりたいんです。紅組に対抗心むき出しの白組の司会をいつかやってみたいなと思っているんですけど、今年は節目の年なので、3人プラス和久田さんでしっかり務めたいなと思います」と気を引き締めた。

また、2013年に司会として共演した櫻井と綾瀬は、当時の思い出を尋ねられると、櫻井は「綾瀬さんが『NHKなんで!』って気に入ってやっていたのをめちゃくちゃ覚えているのと、当時は嵐5人と綾瀬さんだったんですけど、綾瀬さんの人柄によるところが大きいですけど、和気あいあいと楽しく進行できた記憶がありますね」と回顧し、綾瀬は「そのとき初めての司会だったので、“嵐の皆さんwith綾瀬”みたいな感じで一緒のチームになった感じでした」と声を弾ませると、内村から「あなた、チーム名好きね」と突っ込まれて会場を沸かせた。

同取材会では、和久田麻由子アナウンサーが内村とともに総合司会を務めることも発表された。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)