夏菜、意外な恋愛観を明かす「ハマると一途なんですよ(笑)」

TV 公開日:2019/10/18 3
この記事を
クリップ

オトナの土ドラ『リカ』(毎週土曜日23時40分~24時35分※19日第3話は、放送時間繰り下げの場合あり)。純愛を貫くがゆえに狂気と化してしまう主人公・高岡早紀演じるリカの、愛情への渇望を描くサイコスリラー。

第1部・2部を通して登場する物語のキーパーソン・千秋を演じるのは夏菜。第1部では花山病院の事務員として登場し、SNS好きで『都内某事務員は見た!』というハンドルネームで記事を書き込む今どきの女性だ。「高岡さんとのがっつりシーンは、私もとても楽しみです!」と、今後のリカvs千秋の展開を心待ちにしている様子だ。





――撮影も進み、改めて千秋の印象を伺えますか?

最初に台本を読んだときから、大人のわりに大人になり切れていない、SNS好きの今っぽい女性というイメージで、それは今でも変わらないです。結婚しているとは思えない浅はかな女性のようなものは感じますね。責任感もあんまりないのかな。ただ、千秋がドラマの視聴者目線になるので、そういう部分は大事にバランスを取りながらやっていきたいです。

――印象に残っているシーンを教えてください。

リカのふと見せる笑みがホラーだなというのはやっぱり思いますし、それがすべてを物語っています。やっぱりこのドラマの面白さはリカの怖さにあると思いました。階段の手すりのボルトが外されていたのでは?という業者さんとのシーンに千秋が立ち会っていて、千秋としてはリカの仕業だと気がついてはいませんが、夏菜としては恐ろしいと思いました(笑)。


――高岡早紀さんの印象は?


あの方の気軽さというか、羽の生えたふわっとした感じや、お茶目で可愛らしくて、どこか妖艶で…。だけど話すとサバサバしていらして、いろんな方向から魅力のある方だと思いました。会話も自然に盛り上げるのがお上手だったり、第2部の現場ではもっと深くお話したいです。まだ、あまり関わらないようにしているんです。

――それは第2部からの絡みに向けて?

そういう気持ちもありますよ、やはり(笑)。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)