大島優子&坂口健太郎、お互い「頭なでなで」かわいい夫婦にほっこり

TV 公開日:2019/10/17 3
この記事を
クリップ

第一三共ヘルスケアは、ブランドキャラクターに女優・大島優子と俳優・坂口健太郎を起用した低刺激性ボディケアシリーズ「ミノン」の第 11 弾 TV-CM『なでたくなる』篇と第 12 弾『ひとつじゃない』篇を、10 月 19 日(土)から全国にて放映開始する。 




低刺激性ボディケア「ミノン」の現在の TV-CM シリーズは、映画監督・タナダユキ氏により 2014 年からスタートし今年で 6 年、人気俳優二人が演じる夫婦の物語が回を重ねるごとに深まっていくことにときめく視聴者も多いロングシリーズ。 

第 11 弾 TV-CM『なでたくなる』篇は、大島優子、坂口健太郎演じる麻子・遼介夫婦が、相手をいたわる「やさしさ」とそれに応える「やさしさ」を表現するストーリーとなっている。注目は、「頭をなでなで」するシーン。お互い頭をなでられたあとに思わず顔がほころぶ二人の様子に注目だ。 また、第 12 弾『ひとつじゃない』篇では、シリーズ初となる三浦透子のアカペラ歌唱にのせて、「敏感肌って、ひとつじゃない。」「やさしさだって、ひとつじゃない。」というミノンの思いをストレートに描いている。長年、老若男女問わず愛されているミノンの、様々な人の日常に寄り添う様子が伝わる TV-CM となっている。 2014年より篇を重ね、ロングシリーズとなっており、麻子と遼介の関係性の変化が楽しめる本TV-CMシリー ズは、ミノン公式サイトにて過去作も閲覧可能。


 ■大島優子&坂口健太郎インタビュー 

―TV-CM『なでたくなる篇』の見どころは?

 大島

見どころは、思いやりに満ちたところじゃないですかね。 仕事でカリカリしている遼ちゃんは心もカサついてるんじゃないかな?って、 頭をなでてあげる。 

坂口さん

うーんってなっている時にコーヒーを持ってきてくれて頭をぽんぽんしてくれ、そのあと今度 は遼ちゃんのほうから麻子にぽんぽんってやるのってすごくかわいい夫婦だなと思いました。 

大島

そこから結婚生活 4 年目になる二人の関係性がとても仲良く、まだまだ想い合って過ご してるよっというのが表れていると思います。 


―TV-CM『ひとつじゃない篇』の見どころは? 

大島

いままでのミノンの CM にはない、このセットがとても新鮮で、このシンプルな空間だからこ そ私たちが伝えたい「敏感肌はひとつじゃないんだよ」というメッセージが伝わるといいなと思いました。

坂口さん

いつもの撮影というか普段撮ってる二人の関係性とはまたちょっと違う、セリフもカメラの 正面を見てきっと何かすごく気持ちが伝わるような CM になるだろうなと思います。

この記事の画像一覧 (全 9件)