星野源、長谷川博己から“画伯っぷり”絶賛されるも「バカにしてる?」

TV 公開日:2019/10/11 4
この記事を
クリップ

歌手の星野源、俳優の長谷川博己新田真剣佑、女優の浜辺美波が11日、都内で行われた「NTTドコモ 2019-2020 冬春 新サービス・新商品発表会」に出席した。


同社のCM「星プロ」シリーズ放送から約1年が経過。星野は「放送当初から周囲からすごく反響があった。どんどん仲良くなっていって撮影がとても楽しいです」といい、浜辺も「この1年あっという間。楽しくモンジュウロウを演じさせていただいた。星プロの皆さんと会うと安心するので毎回楽しみだった」と1年を振り返った。


するとコスモフを演じている長谷川が「1回僕が出ていないCMがありましたよね?テレビで見て、まさかリストラされたのかと…」と苦笑い。すると星野も「僕も一時期ゼニクレージーとしか撮影していなかった。隔離されてるんじゃないかという気持ちになった」といい、笑いあった。


CM撮影を重ね、キャスト陣同士の仲が深まったところで“お互いの意外な一面”についてトークを展開した。新田が、浜辺を「明るいのに一人が好き。現場で明るく感じるので外でもわいわい話すのかなと思いきや家で一人が好きなんだって発見した」と告白。浜辺は「一人の時間が一番大切かもしれないです。お家でテレビ観たり本を読んだり。次の日頑張ろうっていう活力になる」と語ると、インドアという星野も「よくわかる。一人でずっとテレビを見たり、自炊を始めたりしてそれが楽しい」と同意していた。




一方、浜辺は新田について「甘党だけど激辛好き」と紹介。また星野は長谷川を「スマートなのにめちゃくちゃマニア。シュッとしているし優しいし、映画への情熱がすごい。詳しいし、大好きだって伝わってくる。熱いものを胸にたぎらせている」と紹介。長谷川は「映画は観るのも出演するのも好き。作ってみたい気持ちもあるけど、とにかく観るのが好き」と付け加えた。


星野の二面性は、「歌もスゴイけど絵もスゴイ」とした長谷川。先日、星野がインスタグラムで公開したドラえもんの絵について触れ「あんな風になかなか描けない。独特な…。色々個性的ですよね」とやや含み笑い。星野は「ちょっとバカにしてるでしょ?」といい、「先日そらジローを描いたらニュース番組に取り上げられてしまって。ご本人からTwitterでも返信があって、やべえなって。ほどほどにしないといけない」と自身の“画伯っぷり”を反省していた。


また、イベント中に司会者が星野のことを「ホソノさん」と呼び間違える場面があった。星野は「僕の好きな細野晴臣さん?」と「今年細野さんは(音楽活動)50周年なのでよろしくお願いします」とにっこり。機転の効いた返しに会場は笑いに包まれていた。


この記事の画像一覧 (全 35件)