『水曜どうでしょう』衝撃のマンガ化、大泉洋が超劇画調リクエスト

TV 公開日:2019/10/10 3
この記事を
クリップ

週刊少年漫画誌『週刊少年チャンピオン』(編集長:武川新吾)2020年1号(2019年1月5日発売)にて、北海道テレビ放送制作の人気番組『水曜どうでしょう』とのコラボで同番組のマンガ版を連載することが発表された。

マンガは『水曜どうでしょう祭 FESTIVAL in SAPPORO 2019』のメインビジュアルを担当した漫画家・星野倖一郎氏が担当する。





水曜どうでしょう祭 FESTIVAL in SAPPORO 2019』の初日ステージで、鈴井貴之大泉洋藤村忠寿嬉野雅道から発表された通り、12月5日(木)発売の『週刊少年チャンピオン』新年1号より、マンガ『水曜どうでしょう』の連載がスタートする。

「喧嘩太鼓」「登山家」など、番組内で語られた大泉洋の“ホラ話”を「水曜どうでしょう祭2019」のメインビジュアルを担当した、漫画家•星野倖一郎氏が奇跡のマンガ化。大泉リクエストにより、超劇画調で描かれる。

なんと、今回のコラボ企画のためだけに大泉洋が語った“新作ホラ話”もマンガ化される!
 
10月10日(木)発売の『週刊少年チャンピオン』No.45のカラー記事に情報が掲載されているので要チェックだ。


■商品概要
掲載誌:週刊少年チャンピオン2020年1号
発売日:2019年1月5日 (木曜日)
特別定価320円(税込)全国の書店、コンビニエンスストアにて(電子版には不掲載)
出版社:株式会社秋田書店

【関連商品】


   

この記事の画像一覧 (全 3件)