窪田正孝主演の朝ドラ『エール』新たなキャスト6名を発表

TV 公開日:2019/10/09 24
この記事を
クリップ


<森七菜 コメント>
夢だった運続テレビ小説に出演させていただけること、憧れの二階堂ふみさんとお芝居させていただけること、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。夢のような撮影期間を精一杯、梅として生きていきたいです。みなさまの朝をもっと明るくすることができるような梅になりたいと思っています。半年間、よろしくお願いいたします。


<古川雄大 コメント>
連続テレピ小説に初めて出演させていただくことになり、大変嬉しいです。台本を読ませていただいて、この作品は多くの方々へのエールとなり、背中を押してもらえるような作品だと思いました。僕が演じさせていただく御手洗潔は、二階堂さん演じる関丙音さんの歌の先生です。僕白身、ミュージカルに出演させていただくなかで様々な先生に歌を習ってきました。その経験をこの役で活かせたらと思っています。今までに演じたことのない役柄なので、僕にとっては挑戦となりますが、この作品に溶け込めるよう、精一杯務めて参ります。

<平田満 コメント>
テレビや映画でロケの多い豊橋ですが、福島と共同の朝ドラの舞台に選ばれ、とてもうれしいです。両親の生まれた大正時代を描くことにも感慨があります。故郷の豊橋、東三河の匂いが出せたらと思っています。


<ヒロイン 二階堂ふみ コメント>
個性豊かな素晴らしい方々とご一緒させて頂けることになり、とても嬉しく思います!朗らかで賑やかな音さんファミリーを、紡いでいきたいです!!ご覧になられる方々に“エール”をお届けできるよう、頑張りたいです!!

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)