横浜流星、甘い言葉で吉岡里帆らをメロメロに

TV 公開日:2019/09/27 36
この記事を
クリップ

2019年10月1日(火)から全国で放映される、“ワイモバイル”の新テレビCMシリーズ「おトクなる一族」の第2弾「執事」篇に横浜流星が登場する。

新テレビCM「執事」篇では、前作「リビング」篇に出演した父親役の出川哲朗、母親役の真矢ミキ、娘役の吉岡里帆に加え、2019 年上半期ブレイク俳優ランキング1位に輝いた横浜流星が「新しい執事」として初登場する。




CMの見どころは何といっても、「新しい執事」を演じる横浜流星。執事らしくバッチリと髪を固め、燕尾服に身を包んだ横浜にうっとりする母親役の真矢。甘い言葉で真矢と娘役の吉岡をメロメロにする。そしてそんな横浜に対して嫉妬を隠せない出川とお株を奪われた「古い執事」ふてニャン。最後は横浜の合図で「ジンギスカン」のメロディーに合わせて全員で踊り出し、ダンス内では横浜が極真空手で世界を制したハイキックを披露する。この「執事」篇は9月27日10時よりYoutubeにて公開される。

撮影では、横浜がスタジオ入りし、ダンス練習の中でキレキレのハイキックを披露。練習にも関わらず、その動きを見て監督スタッフ共にスタジオにいる誰もが思わず「すごい!!」と声を漏らした。加えて共演者の出川、真矢、吉岡も「(キックが)本当に速いですよね!」と驚きを隠せない様子。

撮影が進み、いよいよ全員そろってのダンスシーンの撮影。すると出川から「皆さんお疲れだから一発で決めましょう!」と高らかな宣言が。そしてスタッフ全員が固唾をのんで見守る中、全員でのダンスシーンの撮影がスタート。出川を中心に横浜、真矢、吉岡が宣言通り一発で完璧なダンスを披露し、監督から「オッケー!」の声が飛ぶと、出演者全員ハイタッチでお互いをたたえあっていた。

ダンスの中で横浜が真矢を抱きかかえるシーンでは、その撮影の様子を見ていた出川が「真矢さんメロメロじゃないですか、僕と話している時と全然表情が違いますよね!」と撮影現場でも横浜に嫉妬している様子。しかし横浜が出川を抱きかかえるシーンの撮影になると、嫉妬していたはずの出川が打って変わって、横浜の魅力にうっとり。出川をもメロメロにさせてしまう横浜の魅力が光る現場となっていた。

テレビCMに加えて、横浜流星が”ワイモバイル”の店員役を演じるWEB限定の動画が9月30日(月)から公開となる。雨の日の偶然の出会いが生み出した、誰もがうっとりするようなストーリーに注目だ。さらに9月27日(金)には”ワイモバイル”のイメージキャラクター就任を記念して”ワイモバイル”公式 Twitter アカウントを横浜が1日限定ジャック!こちらも必見だ。

この記事の画像一覧 (全 17件)