『G線上のあなたと私』主演の波瑠に“緑黄色社会”が告白したこととは?

TV 公開日:2019/09/25 7
この記事を
クリップ

TBSでは、10月15日(火)よる10時から火曜ドラマ『G線上のあなたと私』がスタートする。恋愛マンガの名手・いくえみ綾の人気同名漫画をドラマ化。主演・波瑠 ×『あなたのことはそれほど』チームが再集結、中川大志、松下由樹らが加わり、大人のバイオリン教室を舞台に悩める大人たちにエールを贈る、世代を超えた友情、そしてちょっぴり切ない恋の物語となっている。

このたび、本作の主題歌が男女混成4人組バンド・緑黄色社会の『sabotage』(読み:サボタージュ)に決定した。本ドラマのために書き下ろされたこの楽曲は、自分らしさを追い求め、もがき挑戦し続ける日々に勇気を与える緑黄色社会流の応援歌となっている。なお、主題歌『sabotage』は、10月16日(水)に先行配信、11月6日(水)にCDリリースされる。緑黄色社会がドラマの主題歌を担当するのは今回が初めて。アップテンポでそっと背中を押してくれるようなさわやかな楽曲がドラマに華を添える。




また先日、緑黄色社会のメンバーが緑山スタジオで撮影中の波瑠らキャスト陣を表敬訪問した。ドラマの舞台となる「大人のバイオリン教室」にちなみ、メンバーはバイオリンが乗った特製ケーキを差し入れし、主題歌をプレゼント。このサプライズに主演の波瑠も大喜びで、中川も「毎朝聞きたくなるような曲です!」とコメントした。緑黄色社会の長屋晴子(Gt.Vo)は「大阪駅で波瑠さんに間違われたことがあるんです!(笑)」と本人に告白するなど、笑顔溢れる表敬訪問となった。

<長屋晴子(緑黄色社会)コメント>
このたび、ドラマ『G線上のあなたと私』の主題歌を担当させていただくことになりました。原作を読んでいく中で、小暮也映子という主人公にどんどん惹かれている自分がいました。寿退社間近に婚約破棄なんて自暴自棄になってしまってもおかしくないのに、バイオリンという未知の世界に目を向けられる前向きな明るさ、自分より人のことを気にしてしまう優しさ、そんなところが也映子さんの魅力というか私が惹かれた理由なのかなと思います。この作品が描く、不器用ながらもがむしゃらな姿勢に心打たれて今回書き下ろしさせていただいた『sabotage』という楽曲が、作品のキャラクターたちにとっても、これからドラマをご覧いただく皆さんにとっても、ぐっと前を向くきっかけになったらうれしいです。

<主演・波瑠コメント>
追い風が吹くようで元気が出る、前向きな楽曲だと思いました。緑黄色社会の皆さんのように、私たちもそれぞれの旋律を重ねながら物語を紡いでいけたらと思います。この曲を応援歌に頑張ります!

<プロデューサー・佐藤敦司コメント>
緑黄色社会さんの温かく力強い歌声を初めて聴いた時、自分の心の扉を開いてくれるような気持ちに駆り立てられました。『G線上のあなたと私』は、もがいたり悩んだりしながらも必死に自分と向き合い、共感できる相手と現実を乗り越えていく、大人たちの友情とちょっぴり切ない恋の物語です。そんなくじけそうな時、緑黄色社会さんの背中を押して勇気を与えてくれるメロディーとストレートな歌詞で優しく包み込んでくれるパワーを確信し、主題歌をお願いしました。元気が出る爽快感に溢れる主題歌と一緒に全力でドラマを走り抜けたいと思います!

■TBS火曜ドラマ『G線上のあなたと私』
10月15日(火)スタート 毎週火曜よる10:00~10:57(※初回15分拡大)
原作:いくえみ綾『G線上のあなたと私』コミックス全4巻(集英社マーガレットコミックス刊)
出演:波瑠 中川大志 桜井ユキ 鈴木伸之 真魚 滝沢カレン 森岡龍 小木博明(おぎやはぎ) 夏樹陽子 松下由樹 ほか

(C)TBS

【関連商品】

   


   

この記事の画像一覧 (全 2件)