キスマイ玉森裕太、自らの変顔に「やりすぎた~」と照れ笑い

TV 公開日:2019/09/24 9
この記事を
クリップ

「ウェーブ フロアワイパー」のイメージキャラクターにKis-My-Ft2玉森裕太を起用した、新TV-CM「たまもりたまげる」篇(15秒)が、2019年10月8日(火)より全国で放映開始となる。




透明感のある爽やかなルックスに加えて、番組などでお掃除好きで知られている玉森だが、そんな清潔感あふれるキレイ好きなキャラクターと、お掃除が楽しくなる新商品との親和性が高いことから、このたびのTV-CMの起用となった。

今回は“たまもりたまげる”というキーワードのもと、「ウェーブ フロアワイパー」を初めて手に取った玉森が、自分の部屋のお掃除をする様子を描いている。一番の見どころは、CMタイトルでもある、“たまもりたまげる”カット。食器棚と冷蔵庫のわずかなスキマに簡単に入り込んで、くまなくホコリを取る「ウェーブ フロアワイパー」の威力を目の当たりにした玉森が、思わずしてしまった“たまげる”表情とは果たして……!?興奮する玉森に注目だ。

また、今回のCMソングにはKis-My-Ft2の新曲『Mr.FRESH』が起用された。聴いているだけでますますお掃除が楽しくなる、軽快かつノリノリのメロディーが玉森のチャーミングな表情を引き立てる。


CM撮影では、商品を掲げた玉森が「新発売のウェーブ フロアワイパー」とポーズを決める冒頭のシーンで、監督から「爽やかスマイルでお願いします」というリクエストを受けた。「オッケーです」と力強くうなずいた玉森は、さっそく「ここで大丈夫ですか」と商品を持つ手の位置や間隔など、細部の見え方をチェックすると、「間を空けずに言った方がいいですか?」と自然なセリフの言い回しもキッチリと確認。準備万端に整えて臨んだ本番1発目から、ファーストカットにふさわしい魅力的な笑顔を連発し、現場を大いに盛り上げた。

プライベートではほぼ毎日、部屋のお掃除をしているという玉森のリアルな姿をカメラに収めるため、よりリラックスした芝居が求められた今回のCM。玉森は、撮影で初めて目にした「ウェーブ フロアワイパー」のスムーズな取り扱い方をはじめ、回転するヘッドなどさまざまな機能も即座に使いこなし、普段からお掃除に慣れている様子が随所に垣間見えた。そんなキレイ好きの玉森だけに、カメラがオフの間も率先して部屋のあちこちをお掃除。「軽く力を入れるだけでスイスイ進んでいくんですよね」と、すっかり新商品に魅了されていたようだ。

狭いスキマの奥に入り込んでホコリを取る、「ウェーブ フロアワイパー」のすごさを初体験した玉森。その時のリアクションをインパクトたっぷりに表現した“たまもりたまげる”表情の撮影では、本編で採用されたカット以外にも、眉間にシワを寄せて静かに驚くパターンから、口を大きく開けて驚くオーバーアクションまで、ノリノリでさまざまなバリエーションを演じる玉森の姿が。目を大きく見開いたまま小さく口をすぼめてみせた演技では、自らの変顔を見て、「やりすぎた~」と手を叩きながら大笑い。「恥ずかしい~」と照れ笑いを浮かべるチャーミングな姿に、周りのスタッフもほっこりしていた。

白い抽象空間で、玉森が食器棚と冷蔵庫のスキマに「ウェーブ フロアワイパー」を入れて“ドヤ顔”を見せるシーンの撮影。監督から「得意げな感じで」と指示を受けた玉森は、やや上目遣いでカメラ目線を向けたり、少し顎を上げてクールな表情を浮かべたりと、アドリブでさまざまな芝居を披露。また、ブランドキャラクターのウェーブくんと共演するシーンでは、元気に動き回るキュートな仕草に癒されていた玉森。ラストカットで「ウェーブ♪」「フロアワイパー」と、二人でセリフをつなげて言うシーンでも息ぴったりの掛け合いを披露し、あっという間に監督から「OK」を獲得していた。

1/2ページ