北村匠海、主演声優『HELLO WORLD』の収録秘話明かす

TV 公開日:2019/09/13 4
この記事を
クリップ

“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、「アニメ LIVE チャンネル」において、9月12日夜10時~11時30分、『声優と夜あそび【木:浪川大輔×佐藤拓也】#22 北村匠海がゲストで登場』を放送。




9月20日(金)に公開される劇場アニメ『HELLO WORLD』で主演を務めた北村匠海がゲストとして出演し、声優初挑戦となる本作の魅力や、収録の裏話などを語った。


本放送に出演した北村は、俳優やミュージシャンとして幅広く活動。9月20日公開の映画『HELLO WORLD』で声優に初挑戦した北村は、緊張した面持ちでスタジオに登場すると、大好きな『ガンダム』シリーズに出演している浪川と佐藤に会えることに、興奮を隠せない様子。また、浪川は以前に北村がボーカルとギターを担当するバンド「DISH//」の紹介VTRでナレーションを担当したことがあり、「テレビで見ていた人が来てくれたんだから、興奮しますよ!」と笑顔を浮かべた。


そして話題は、映画『HELLO WORLD』と、北村の収録裏話へ。まず映画のPVが流れると、MCの2人は「ピュアなイメージが伝わってくる、素敵な声」と早くもメロメロの様子。「ずっと声優に挑戦したかった」という北村は、実際に演じてみると“声優の凄さ”を実感したそう。「声だけで何もかも表現しなきゃいけない。自分の感情も、声だけだと違う伝わり方をしてしまう」と実写の演技との違いに驚いたほか、映像より先に音声を収録する“プレスコ”という方式だったため、すべてを自分の想像で補わなければいけなかった、という苦労を明かした。


真面目に声優としての演技に向き合う北村に、浪川は「(演技で)遊べるようになると楽しいかもしれない」、佐藤は「こうじゃなきゃいけない、という考えは持たなくていいかもしれない」と優しくアドバイス。ほかにも“収録中に身体が動いている自分に気付くと恥ずかしくなる”“台本をめくる時に音がしてしまう”などの“収録あるある話”で3人は盛り上がりを見せていた。


あらためて作品の印象を尋ねられた北村は「ジェットコースターのように目まぐるしく進んでゆく物語です。映像も綺麗で、音楽も素晴らしいし、最後にはどんでん返しもあって、泣けます。僕は泣きました」と熱く語り、「初声優作品が『HELLO WORLD』でよかった」と自信作であることを明かした。


また、北村は木曜日の恒例コーナー「あなたが選ぶ!夜あそび劇場」にも参加し、初のダミーヘッドマイクを使った朗読を体験。使い方のコツを教わると、さっそく特性を生かした見事な演技を披露し、MCの2人から喝采を浴びていた。


(C)AbemaTV

この記事の画像一覧 (全 6件)