夏帆、食材を自ら捕って食べる“ひとりキャンプ”の魅力を語る

TV 公開日:2019/10/18 12
この記事を
クリップ

“ひとりキャンプ×食”をテーマにしたドラマ最新作『ひとりキャンプで食って寝る』(金曜深夜0時52分~)が10月18日、テレビ東京ほかでスタート。三浦貴大と夏帆が隔週でW主演を務める。奇数話で三浦が演じるのは缶詰と簡単な食材でアレンジ料理を楽しむ大木健人。一方、偶数話では夏帆が自ら食材を獲って食べることに心を奪われる七子を演じる。そこで偶数話の主人公となる夏帆に直撃インタビュー、ドラマの見どころを聞いてきた。




――まずはオファーを受けたときの感想を教えてください

「冨永監督の作品が昔から好きで、ずっと冨永監督と仕事がしたいと言い続けていたんです。なので、オファーを頂いたときは、嬉しくて飛びあがりました。しかも、いただいた脚本がすごく面白くて。久しぶりにこんな面白い本を読んだなっていうぐらい衝撃を受けました。やらない理由を探すほうがむしろ難しいぐらい、即決でしたね。」


――実際の撮影では、どのような印象を受けましたか?

「スタッフがものすごく少人数での撮影でした。他の現場に比べたら3分の1ぐらいだったでしょうか。なので、撮影している感覚があまりなくて(笑)。キャンプをしたり、釣りをしたり、料理をしたり。半分、遊んでいるような感覚でしたね。それに冨永さんの演出がとても興味深くて。その場の思い付きだったり、実際に現場で芝居を見てセリフを追加したり、変更したり。本を読んで想像していたシーンには絶対にならないというか。なので私も楽しみながらお芝居することができました」


――「想像していたシーンには絶対にならない」というのは?

「本を読んで、このシーンはこんな感じだろうと、ある程度お芝居のプランを考えていくのですが、現場に入ると自分で想像していたこととは全く違う演出を受けるんです。例えば、このセリフは絶対に大きい声で言わないだろうな、というものを“ちょっと大きい声で言ってみてください”と演出を受けたり。でも、出来上がった映像を見てみると、あっ、なるほどなって納得するんです。現場で追加されたセリフも、思わずにやにやしちゃうような面白いセリフが多くて。今日はどんな面白いことが起こるのだろうと毎日現場に行くのが楽しみでした。」


――劇中では魚をさばいたり、料理をしたりするシーンも多かったと思います。

「料理は人並み程度にはしますし、好きなのですが、魚をさばいた経験はなくて。なので撮影に入る前、魚のさばき方など料理練習の時間を設けて頂きました。あとは現場でやっていきながら覚えていったという感じですね」

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)