斎藤工、窪塚洋介の17年ぶり卓球姿を絶賛「ま、アウトだったけどね(笑)」

TV 公開日:2019/09/17 17
この記事を
クリップ


Q) 窪塚さんは卓球のイメージを持つ人も多いですが、久しぶりに躍動感のある卓球姿を披露していかがでしたか?
窪塚:しっくりきているのかは分からないんですけど、だんだんやっているうちに思い出してきちゃって、声がデカくなってきたかなというのはありました。懐かしかった。あれぶり(17年ぶり)だったので懐かしかったです。
斎藤:もちろん何度も観ていて、最近も映画番組で取り上げた作品でした。窪塚さんは点ではなく、線の人です。
窪塚:グッと来るね。

Q) 今回のCMではセットのような職場で働いてみたい方に、「オシャレな職場」で検索して仕事を探す方法もあることを示唆していましたが、転職を考える人たちにコメントをお願いします。
斎藤:僕らの仕事って現場毎に転職していくような感覚があります。僕の能力で一番頼りにしているのが“順応性”で、人にはリカバリー能力が備わっていると思います。環境を変えるのは怖いかもしれないですけど、(逆に)自分を拡張していくチャンスでもある気がします。撮影初日の前とか不安で寝れなかったりするんですけど、いざその環境に行って馴染んでく自分に心地よさを感じる時があります。是非、皆さんも拡張してほしいですね。
窪塚:昔だったら一歩踏み出すという言い方をしていたかもしれないですけど、今風に言うとアップデートみたいなことが大事だと思います。アップデートしたい自分を頭で考えだすとキリがなくて、頭で考えると悪いように考えちゃいます。頭が(闘いの)リングに上がらずに気持ち・心がリングに上がって、それをサポートするセコンド的に頭を使えば良いと思う。情熱やハートが常にリングに上がってられるようにしていたいです。

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 23件)