新喜劇の舞台に挑戦のBOYS AND MEN、“笑いをとるコツ”を実践

TV 公開日:2019/09/11 11
この記事を
クリップ

BOYS AND MEN田村侑久小林豊本田剛文が、9月11日放送の『ピーコ&兵動のピーチケパーチケ』(毎週水曜深夜25時25分~/カンテレ・関西ローカル)に登場する。





今年ナゴヤドームでのライブを成功させ、「名古屋で知らない人はいない!」と言われるほど東海エリアを拠点に爆発的な人気を獲得し、今やドラマ、映画、舞台、バラエティーと日本全国で活躍するエンターテインメント集団・BOYS AND MEN

冒頭、兵動から「ボイメン、めちゃくちゃ売れてるよね?」、レギュラーの桜 稲垣早希から「キラキラしてる!」と褒められ、「いやいやいや、まだまだまだ」と謙遜するボイメンメンバー。すると、ピーコから「兵動はボイメンのこと知ってるの?」と聞かれた兵動が、「ボイメンは、僕、デラ知りですよ!」と無理矢理、名古屋弁を使ってドヤ顔で語り、スタジオ大爆笑に。メンバーの自己紹介では、「BOYS AND MENのピンク色。実家は、江戸時代から続く老舗の仕出し屋、とにかく家柄が良い本田剛文です!僕、十一代目なんです!」「最年長、小林豊です。アイラブ ユーラブ ゆーちゃむです!」、「テーマカラーは青色、28歳、脱サラ、田村侑久、タムタムです!」と、それぞれがユーモアたっぷりに挨拶。稲垣がトレードマークの学ラン姿について、その理由やコンセプトをするどくツッコみ、小林が丁寧に解説する場面も。

BOYS AND MEN、通称ボイメンは、リーダーの水野勝をはじめ、田村侑久、辻本達規、小林豊本田剛文、勇翔、平松賢人、土田拓海、吉原雅斗が出演して、9月4日(水)の東京を皮切りに、大阪、愛知、北海道、福岡、静岡の全国6都市で、『BOYS AND MENホールツアー2019~ボイメン劇場 令和旗揚げ公演~』を開催。大阪公演は9月19日(木)にフェスティバルホールで行われるが、普段は、派生ユニットの“YanKee5”と“誠”に分かれてのライブ活動も多い中、大阪で、ボイメンメンバーが集結して、今回のような大規模コンサートを行うのは2015年以来4年ぶり。会場となるフェスティバルホールは、音の響きが極上のコンサートホール。ボイメンの魅力あふれる歌とダンスをたっぷり披露するという。

兵動が「今回は、日頃分かれているYanKee5と誠がくっつく?」と聞くと、本田が「そうなんです。今回は、ボイメン本体で行くぜ!っていう感じです」と返すと、「ボイメ~ン!って感じか!」と興奮気味の兵動。ピーコも「フェスティバルホールって音楽聞かせることが多いけど、音楽だけじゃないんでしょ?」と聞き、今回、“ボイメン新喜劇”と銘打って、新喜劇の舞台にも挑戦するボイメンが、その見どころを語る!すると、兵動が、「フェスティバルホールでやるから楽しみですよね。でも、もうチケット手に入らへんのとちゃうの?」と水を向けると、田村が「それがですね。名古屋と静岡、東京は、ほぼ完売なんですけど、ちょっと大阪が…。関ケ原越えちゃうと、ちょっと僕たち…(笑)」と自虐ネタをぶっこみ、本田も「関ケ原より西側が…」と乗っかると、田村がピーコに“あるお願い”をし、スタジオが笑いに包まれる一幕も。

さらに、お笑いのプロである兵動と稲垣が、舞台で“笑いをとるコツ”と“すべった時の対処法”をボイメンに伝授することになり、スタジオで実践も行われ…!?

「元気もらえるの、ほんま分かるわ!」と兵動も大絶賛したボイメン。全国ホールツアーの大阪公演は、9月19日(木)午後6時30分からフェスティバルホールで開催される。




【番組概要】

『ピーコ&兵動のピーチケパーチケ』

◆毎週水曜深夜25時25分~25時55分放送(カンテレ・関西ローカル)
◆毎週土曜早朝5時20分~5時50分で再放送
https://www.ktv.jp/pi-ticke/

この記事の画像一覧 (全 18件)