千葉雄大、竹中直人の薄毛自虐に対応できず「ちょっと…コメントしづらい」

TV 公開日:2019/08/30 7
この記事を
クリップ

俳優の千葉雄大が30日、都内で行われたBSプレミアム『盤上の向日葵』(9月8日午後10:00スタート)の試写会に竹中直人と参加した。


過酷な運命を背負って棋士の頂点を目指した青年の半生を炙り出すヒューマンミステリー。山頂でのロケを振り返った竹中が「久々に山頂に登って、夜景があまりにも綺麗だったので髪の毛があった若い頃を思い出しました」と自身の頭髪について自虐をかますと、横にいた千葉は「ちょっと…コメントしづらい」と苦笑いで困惑していた。


棋士役2度目の千葉は「こんなにガッツリと棋士を演じたのは初めて。棋士として手元を映されるシーンは緊張しました。プロ棋士の先生方に教えていただき、反復練習というか、数をこなすことが大事になってくるので、お家で練習していました」と役作りを回想。


竹中とは約4年ぶりの共演となるが「口笛がお上手で、曲当てゲームのようなこともしました。竹中さんは凄くチャーミングで、現場を明るくしてもらってありがたかったです。次はコミカルで明るい作品で共演したいです」とラブコールを送った。


その竹中も「一度共演しているので、久しぶりの再会は嬉しかった。『雄大くん!』と凄く懐かしくなったし、千葉君が眩しすぎて。一緒のシーンでの日々は忘れられない。素敵な俳優です」と相思相愛だった。

この記事の画像一覧 (全 6件)