『凪のお暇』主題歌歌うmiwa、中村倫也ら出演者の“サプライズ”に感激

TV 公開日:2019/08/30 19
この記事を
クリップ

TBSで毎週金曜よる10時から放送中の金曜ドラマ『凪のお暇』(なぎのおいとま)。原作は月刊誌「Eleganceイブ」(秋田書店)にて連載中のコナリミサトによる同名漫画で、2017年に第1巻が発売されて以来、口コミで話題となり累計250万部(1~5巻)を突破している。




主人公の大島凪(おおしま・なぎ)を演じているのは、『重版出来!』(2016年)以来3年ぶりのTBS連ドラ出演となる黒木華。場の空気を読みすぎて無理をして倒れたことをきっかけに、仕事も恋もリセットして人生の再生を図ろうとする凪を好演中だ。さらに、凪の元カレ・我聞慎二(がもん・しんじ)役は高橋一生。そして人生をリセットした凪が新たな生活先に選んだアパートの隣の部屋に住む男・安良城ゴン(あらしろ・ごん)を中村倫也が演じている。ほか、市川実日子片平なぎさ武田真治吉田羊三田佳子ら豪華キャストが名を連ねている。


そんな『凪のお暇』の撮影現場に、ドラマの主題歌を歌うmiwaが表敬訪問した。miwaは凪やゴンらが暮らすアパートでの撮影シーンを見学。アパートのセットを目の当たりにしたmiwaは興味深々の様子で、その後、黒木華演じる主人公の凪と感動の対面を果たした。さらに、高橋一生中村倫也市川実日子、中田クルミらと談笑しつつ、主題歌『リブート』の歌詞カードを持ってきてサインをねだる武田真治にも笑顔で対応。最後には出演者たちと記念撮影に応じた。


miwaコメント>

Q.撮影現場を見学した感想は?

出演者の皆さんもスタッフの皆さんも、とても明るくて賑やかな現場でした!ドラマではシリアスなシーンもあったりと、連日の撮影できっと大変なことも多いと思うのですが、そんなことを感じさせないようなあたたかい雰囲気の現場で、和気あいあいとコミュニケーションをとっていらっしゃる様子が伝わってきました。この作品に携われて改めてとても幸せだなと感じました!


Q.ドラマのどんなところを楽しみにご覧になっていますか?

慎二の号泣シーンは毎回グッときてしまいますし、「今週も泣くのかな?」とどこか期待しながら見ています(笑)。凪ちゃんのお暇ファッションや、節約料理なども毎回楽しみにしてます!この先、慎二とゴンどっちを選ぶの!? というのも気になりますね・・・。


Q.出演者たちと会った感想は?

中村倫也さんが主題歌「リブート」を「ああすれば こうすれば」と口ずさんでくださって、そのあと出演者の皆さんが次々と歌い出してくださって。サプライズがうれしかったです。黒木華さんとはサラサラヘアーのときにお会いして以来だったので、モフモフヘアーを生で見られて感激でした! とってもお似合いで可愛くてドキドキしちゃいました!


■第7話あらすじ(8月30日放送)

凪(黒木華)からゴン(中村倫也)と別れたことを聞いた慎二(高橋一生)は、円(唐田えりか)とオフィスラブを満喫中にも関わらず、凪が気になり、ふたりでランチをしていても上の空。その時、突然同僚の足立(瀧内公美)たちがやってきて、慎二と円と鉢合わせてしまう。秘めた関係がバレているのではないかと、よくない空気が漂う中、慎二は思いがけない人物と接触する・・・。ある日、いつものコインランドリーで洗濯をしていた龍子(市川実日子)と凪は、コインランドリーが閉店することを知り、店主から冗談半分で、このコインランドリーを継いで欲しいと言われる。その日の夜、アパートの共有スペースで凪、龍子、ゴン(中村倫也)、緑(三田佳子)、みすず(吉田羊)、うらら(白鳥玉季)に、「継いで欲しい」と言われた話をしていると「そんな夢もありかも」という展開に。そこで、凪は引っ越してきた時に書き出したウィッシュリストを思い出し、みんなで書くことに。思い思いに自分がやりたいことを書く中、やはり、凪はなかなか書けずにいた。そんな凪の様子を見ていたみすずは・・・。ゴンは凪のことを好きだと自覚してから、自分が凪のために何をしてあげられるのかと思い悩んでいた。そして、ついにゴンが行動を起こす。


■番組概要

金曜ドラマ『凪のお暇』(なぎのおいとま)

毎週金曜よる10:00~10:54

©TBS